スマホ向け表示

前ページへ戻る

理工学部 総合理工学科 物理学系 

普段なにげなく眺めている星空が、無限の「発見」のつまった宝箱に思えた。

夜空で隣り合う星たちの間が実は何万光年も離れていることに気づいたとき、私たちはどれだけ広大な天体に抱かれて暮らしているのだろうかと思い知らされます。

そんな無限の宇宙から肉眼では見えない原子・分子や素粒子までを探究する物理学は、広くて深い学問。新しい自然界の原理や法則を発見したり、従来の技術をさらに発展させたりするチャンスもあります。

その基礎固めをするのが物理学系です。物理学の土台を無理なく少しずつ吸収していけるように、実験(体験)、理論の両輪を学べるカリキュラムを用意。先生の言っていることをうのみにせず、時には疑い、自分なりの考えをもって解決策を探ります。

<体験教育 体験談>天体観測

「天文台で仕事をする」という目標に向け、貴重な体験をすることができました。

東城 直美さん 
理工学部 総合理工学科 物理学系 3年 
東京都立南多摩高等学校(現東京都立南多摩中等教育学校)出身

星と宇宙が好きで、天文学や宇宙物理学を学べる環境があるので、明星大学に進学しました。

「天体観測」では天文台の40cm反射望遠鏡を使うのですが、想像以上に大きくて驚きました。

小さな天体望遠鏡を自分で組み立て、操作して観測することもあります。天文台で観測・研究を行う仕事に興味があるので、将来につながる貴重な体験ができたと思っています。

今後は、物理学を学ぶための良い環境にいるということを活かして、あこがれていた宇宙だけでなく、興味があることを積極的に存分に学んでいきたいと思います。

主な研究テーマ

物理学系には9つの研究室があり、4年生の1年間をかけて卒業研究がおこなわれます。テーマは宇宙のしくみ、星の誕生、ビッグバン、宇宙線、ニュートリノ、量子力学、相対論、原子・分子、素粒子、半導体、強誘電体、超伝導体、生物物理、計算機科学、シミュレーション物理、数理科学、統計科学など多岐にわたり、各人の興味に応じて深く学ぶことができます。

学科の特徴

学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る