スマホ向け表示

前ページへ戻る

情報学部 情報学科 コンピュータを起点に広がる、あらゆる技術を網羅した、入口は一つの3コース制。

コンピュータサイエンスを学び、情報社会の今を知る。

コンピュータ技術の基礎を学び、そこから広がる2つの分野のなかから、自分に適したコースを選択。情報社会の専門家を目指します。

学科の特徴

1.

やりたいことが見つかる個性豊かな2コース。

情報社会にアプローチするため、2つのコースを用意。ハードウェアとソフトウェアの両面から、論から応用まで系統的に学ぶ「コンピュータ科学コース」と、ソフトウェアの理解とプログラミングを基礎としてその具体的な応用技術を修得する「ソフトウェア技術コース」が設定されています。

2.

各種資格の取得を支援するカリキュラム

情報学科では、数学や情報の教員免許や、基本情報技術者、応用情報技術者など、社会に出たときに強みとなる資格の取得がスムーズに行えるカリキュラムを用意しています。また、IT企業の方やゲームプログラム開発者などを招いての講演など、実社会の動きに触れる機会も数多く設けています。

3.

1人1台のコンピュータで充実の学習環境。

情報学科には、一人につき一台のコンピュータが用意されており、充実した環境で学ぶことが可能です。日々進化をとげるコンピュータ技術に合わせて、常に最新の設備を整え、学生がベストな環境で情報学を学ぶことができるように努めています。

コース選択

情報社会にアプローチする、2つのコース

・コンピュータ科学コース

コンピュータの基礎理論・システム・プログラミング、コンピュータアーキテクチャ、データベースなどを中心とした、コンピュータ科学分野について学びます。組込みシステムの実験や、Java/Androidプログラミング演習などによる体験授業で、さらに知識を深化させます。これにより、先端的知識を身につけた次世代情報技術のプロフェッショナルを育成します。

・ソフトウェア技術コース

プログラミング技術を基本として、デジタル画像、ネットワーク、現実世界とのインターフェースなどに焦点を当て、情報技術を活用する力を身につけます。現在広く利用されているスマートフォンのアプリ開発を通じてのソフトウェアとプログラミングの演習や、実際のネットワーク機器を用いてのネットワーク構築実験など、実際的な演習や実験を通して学んでいきます。

先生と学生が語る、情報学科

「つまずくことはあるかもしれないが、何かのきっかけで生まれる達成感を味わってもらいたい。」

情報学科
中島 由美 教授
「グループワークを通じて人との会話や共同作業の大切さを実感しました。」

情報学科4年
林 遼平さん

Face to Face

林 : これまで情報学科で学んできて印象的だったのは2年次の「自立と体験」の授業。学科だけの学生でグループワークを行うのですが、自分から積極的に場の雰囲気を盛り上げて授業ができたことがよかったと思います。また、自分たちのコース以外の先生とも交流ができたこともよかったです。

中島 : 林君は、1年のときから積極的に授業にも参加してくれましたし、疑問に思ったことはすぐに質問してきますし、とてもしっかりしていますよね。入学当初は数学的なことが得意な理系の学生さんという印象でしたが、今は幅広い知識が増えているので成長を感じますね。

林 : ありがとうございます。あと、グループワークで仲間ができたこともよかったですね。1年のときは周りを気にすることなく勉強していました。でも、グループワークを通じて、人の意見を聞いたり一緒に実験したりすることの大切さを学ぶことができました。

中島 : 情報学科の学生は、学ぶ姿勢が積極的で何かをつかみたい意識が強い人が多い。そういう人たちが切磋琢磨していくと、個性が刺激し合って1+1が3になるような相乗効果が生まれますからね。

林 : 中島先生は、何を聞きにいってもしっかり対応してくださいますが、学生と接するときに気をつけていることなどはありますか。

中島 : 話を聞いている学生の目線を大切にしています。あと、分からないことでつまずいたけど、何かをきっかけに乗り越えたときの達成感や分かったときのうれしさを味わってもらいたいと思いますね。私自身はプログラミングや数学が初めから得意な方ではなかったので、そういう経験を多くしてきました。だから学生たちのモチベーションが下がらないように、私自身が引き出しを多く持てるよう心掛けています。いろいろなものに対する好奇心や物事を多方面から見ることを大切にしたいと考えています。

このページの先頭へ戻る