スマホ向け表示

前ページへ戻る

情報学部 情報学科 

自分でシステムをプログラミングする達成感は、ゲームをクリアしたときの比ではない。

パソコンやスマートフォン、あるいはインターネットは、仕組みを知らなくても使いこなせますが、その構造や技術を理解し、作り手の側に立つことでより大きな楽しみを味わうことができます。

情報学部では、システム、プログラミング、コンピュータアーキテクチャ、データベースなどを中心としたコンピュータ科学分野を学ぶコースと、プログラミング技術を基本にデジタル画像、ネットワーク、現実世界とのインターフェースなどの情報技術を活用する力を身につけるコースを用意。資格取得をめざせるカリキュラムも整えています。

<体験教育 体験談>プログラミング序論

さまざまな志向をもつ人たちと交流しながら
プログラムを学べるのが明星大学情報学部の魅力です。


木村 有里さん 
情報学部 情報学科 3年    
東京都私立大妻中野高等学校出身

高校時代にスマートフォンアプリの楽しさを知り、自分でも作ってみたいと考えたため、プログラミングを学ぶことができる明星大学情報学部を選びました。

入学後、いろいろな人と出会えたことで、総合大学の情報学部で学ぶことの良さがわかってきました。

さまざまな目標や志向をもった人との交流で、自分の考えや行動の幅が広がったと思います。「プログラミング序論」などで学んでいることは、仕事に役立つ力の基礎。しっかり学んで、将来はゲームのプログラムや社会を支えるコンピュータシステムなどを開発したいと考えています。

コンピュータサイエンスを学び、情報社会の今を知る。

コンピュータ技術の基礎を学び、そこから広がる2つの分野のなかから、自分に適したコースを選択。情報社会の専門家を目指します。

・コンピュータ科学コース

コンピュータの基礎理論・システム・プログラミング、コンピュータアーキテクチャ、データベースなどを中心とした、コンピュータ科学分野について学びます。組込みシステムの実験や、Java/Androidプログラミング演習などによる体験授業で、さらに知識を深化させます。これにより、先端的知識を身につけた次世代情報技術のプロフェッショナルを育成します。

・ソフトウェア技術コース

プログラミング技術を基本として、デジタル画像、ネットワーク、現実世界とのインターフェースなどに焦点を当て、情報技術を活用する力を身につけます。現在広く利用されているスマートフォンのアプリ開発を通じてのソフトウェアとプログラミングの演習や、実際のネットワーク機器を用いてのネットワーク構築実験など、実際的な演習や実験を通して学んでいきます。

学部・大学院
教育学部
理工学部
人文学部
経済学部
経営学部
情報学部
デザイン学部
※2014年4月開設
造形芸術学部
※2014年4月デザイン学部に改組
大学院
全学共通教育
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る