前のページに戻る

教育学専攻 専攻案内

概要

 教育の本質・目的・内容・方法・制度などに関する包括的な学問である教育学は、最近、学際的傾向を強め、教育・保育現象を多面的に追究する実証的・実践的な社会科学となりつつあります。社会や学校現場に生起している様々な問題は、どれも教育学が隣接諸科学と手を携えなければ解決することはできません。本専攻では、教育・保育の本質課題に真摯に取り組む教育・保育実践者および研究者の養成を目的に、特色ある教育体制を整えています。

Point1 多彩な教授陣のもとで教育学の基礎的素養を研鑽

 本専攻には、教育思想(史)、教育史、教育心理学等を専門領域とする教授陣が揃い、教育学研究の基礎的素養として不可欠なそれら学問領域の研鑽を高め、それぞれの問題・関心を掘り下げて研究できるようにしています。また最近では、教育・保育・看護現場から離れて研究者を目指す院生や、近隣諸国からの留学生も加わって、研究討論は活気ある様相を呈しています。

Point2 教育実践現場と直結した定評ある指導

 教授陣は教育実践現場との連携が強く、教育内容・方法、通信制教育を含む生涯教育、幼稚園・保育所や子育て支援を視野に入れた幼児教育・保育、教育現場における発達支援、特別な教育ニーズのある人の職業的自立を視野に置いたインクルーシブ教育など、それぞれの専門分野の第一線で活躍している研究者が実践的研究のあり方を指導します。

Point3 多種多様な専修免許状の取得を可能とするカリキュラム編成

 教育学研究科博士前期課程においては、基礎となる一種免許状を取得している場合、必要な単位数を修得すれば、専修免許状を取得することができます。その種類は幅広く、以下の通りです。
 幼稚園教諭専修免許状・小学校教諭専修免許状・中学校教諭専修免許状(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、英語)・高等学校教諭専修免許状(国語、地理歴史、公民、数学、理科、音楽、美術、保健体育、英語)・特別支援学校教諭専修免許状(知・肢・病)

  • 教職課程認定申請中(法改正に伴う再課程認定)※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

アドミッションポリシー

博士前期課程

  • 学部教育で培った能力を発展させ、学校教育の課題の解決に意欲のある人。
  • 教科・教科教育や発達・学習に関する諸問題を論理的に考察しようとする人。
  • 教育経験を省察し、さらに高度な専門的能力、資質を探求しようとする人。
  • 子どもの理解や、授業実践力をより高める意欲のある人。
  • 教育・保育現場における課題意識を持っている人。

博士後期課程

  • 教育学に関して、高度な専門的知識を持ち、創造性豊かな優れた研究能力を持つ研究者を目指す人。
  • 教育学に関して、確かな教育能力と研究能力を兼ね備えた教育者を目指す人。
  • 生涯学習として教育学を研究し、その知識や能力を知識基盤社会で役立てたいと考える人。

教育学専攻の最新情報