スマホ向け表示

前ページへ戻る

経済学研究科 応用経済学専攻 

明星大学だからこその強み、すなわち多摩地区とその周辺地域に根ざした職業人を育て上げてきたこれまでの実績を元に、グローバル化が急速に進展する地域経済を担うことのできる、高度な知識と実行力を持つエコノミストを養成するために経済学研究科応用経済学専攻は誕生しました。カリキュラムは総花的ではなく戦略的重要科目に重点を置いた、少数精鋭科目中心の構成となっています。さらに、学生の希望進路をはっきりと捉え、四つの履修モデルを掲げたことで目的に沿った学修を可能にしています。

応用経済学専攻について

1.

国内外の地域経済の担い手となる優れた人材を育成

本研究科では、高度な課題に対処することができる職業人養成を目指します。現代社会の 組織において、自主性と協調性を持って自己の実現を図っていくことができる力を身につ けられるよう、カリキュラムを構成しています。本研究科は、経済学・経営学の枠組みを超え た、企業や行政の人材ニーズに合致した専門知識を獲得できるカリキュラムを提供してい ます。また、本研究科の少人数演習は、一人ひとりの興味関心に合わせたオーダーメイドの 教育を可能としています。セメスター制による秋学期入学者の受け入れも、人材ニーズに 応じる柔軟性を反映したものです。

2.

実務と理論を融合したカリキュラム

本研究科は、高度専門職業人として活躍することを、問題解決策の提言と実行ととらえ、 そのためには的確な経済理論の修得が不可欠であると考えます。入学後は、ミクロ経済学・ マクロ経済学・統計学を基本的知識として身につけた上、興味関心のある専門分野の研究 に進んでいくことになります。実務に生かせる専門分野を担う科目として、応用経済学分野 の科目に加え、アジア圏の経済開発や産業構造に関する科目、経営・流通に関する科目、 会計・税務に関する科目を準備しています。また、明星大学学内から大学院進学候補者進 学試験により入学することにより、学部4年次より大学院科目の単位を取得し、大学院入学 後は、経済学等のフィールドワーク研究や税法論文の作成等、将来の進路に向けた学修に 十分な時間を取ることが可能です。

3.

ワークショップにおける研鑽の場

本研究科では、修士論文または特定課題研究の作成のための研究につき、大学院2年次 において3回のワークショップを実施しています。ワークショップでは、研究指導教員のみ ならず、他の専門分野の教員や大学院生・研究生も交えて、多様な視点から積極的な議 論がなされます。多様な経済現象を多角的な視点から分析し、解決策を探ることができる よう、高度な職業人となることを目標にサポートしていきます。

このページの先頭へ戻る