前のページに戻る

応用経済学専攻 専攻案内

概要

Point1 進路を踏まえた履修制度

 本研究科は、秋学期入学者の受け入れ等、各人の将来の進路を踏まえた入学制度を導入しており、適時の科目履修に配慮しています。例えば、明星大学学内大学院進学候補者選抜試験は、合格者に対し、学部4年生在学中から、大学院における単位修得を可能とするものです。これにより、大学院入学後の履修に余裕を持って臨むことができ、フィールドワーク研究や、税理士等の資格試験の受験と修士論文の作成について、十分な時間を確保することが可能となるでしょう。

Point2 実務と理論を融合した魅力あるカリキュラム

 本研究科では、はじめにコア科目の履修により経済学の基礎を学んだ後、専門分野の研究に進みます。専門科目として、国際開発、地域経済、環境政策、金融政策等の各種応用経済学科目に加え、実務にも役立つ経営に関する科目や税法科目も用意しています。

Point3 アクティブな研鑽の場

 本研究科では、2年次において3回のワークショップ報告を実施しています。ワークショップでは、研究指導教員のみならず、他の専門分野の教員や院生・研究生も参加し、多様な視点から積極的な議論が交わされます。研究のプレゼンテーションを通じ、発表力を磨きます。

アドミッションポリシー

修士課程

  • 金融・経済や財務・会計に関する基礎的知識を有する人。
  • 経済学や商学に立脚した自らの研究テーマを設定することができる人。
  • 自らの考えを論理的かつ的確に表現し、他者に伝えることができるコミュニケーション能力を有する人。
  • グローカル化する社会や多様化する組織の中で、大学院での研究を活かし、高度専門職業人となる等積極的に社会貢献を行う意欲を有する人。

応用経済学専攻の最新情報