前のページに戻る

福祉実践学科 履修モデル

授業の特長

社会のあらゆる分野で福祉の理念を実践できる人材を養成する。

 社会福祉は子どもや高齢者への援助だけでなく、地域や行政、企業、海外など幅広い分野で活動できる領域です。

 福祉実践学科では、社会福祉の資格取得のみならず、先輩・後輩、教員との交流を通じて高いコミュニケーション能力やチームワーク、問題解決能力を学ぶことができます。

 実習やボランティアなど体験学習の機会も多く、ネットワークを形成する力も身につきます。

カリキュラム

カリキュラム

特色ある科目

社会福祉入門(フレッシュマンキャンプ)

 福祉マインドの形成を目的とした一泊二日の合宿を実施。グループ活動のなかで、他者と良好な関係を築くノウハウを学ぶ。

福祉用具

 障害を補う用具や機器の種類や構造、機能を学び、福祉機器を取り扱う分野で社会に貢献できる知識と意欲を養う。

相談援助演習

 相談援助に関する知識と技術について具体的に学ぶ。社会福祉士に求められる資質、技能、倫理を理解し、自己の課題を把握する。

相談援助実習指導

 23日間にわたる現場での実習後に振り返りと報告会を実施。実践を通して相談援助の知識と技術を深める。

福祉実践学科の最新情報