スマホ向け表示

前ページへ戻る

理工学研究科 建築・建設工学専攻 

建築計画、建築設計、建築・都市論

教授 加藤隆久 kato☆ar.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

建築は様々な条件や環境のなかに建つが、そうした外的要因に適切な配慮をすることで優れた建築ができる。また、建築が存在することで環境をより良くし、新たな状況をつくることもできる。この場合の外的要因(コンテクスト=文脈)には、環境論(風や光等)、集合論(まちづくりや大学キャンパス計画等)、歴史文化論(日本あるいは東京の都市と建築論等)などの切り口がある。建築をこのようなコンテクストという見方で考え、また設計する方法を研究する。

建築設計・建築意匠・教会建築

教授 村上晶子 akiko-mu☆ar.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

建築の初源において人類は「住むための空間」と同時に「集まり祈る空間」も創出してきた。村上研究室では「集まり祈る空間」の歴史的、社会内成立性を踏まえて、教会建築の生成過程のプログラムに着目し、現代社会における設計行為と設計方法について研究し活動している。設計行為が成立するための社会内成立性を学ぶと共に、計画、構造、設備を含めた建築を決定する要素と、意匠デザインにおける光の効果、ディテール、プロポーション、素材などを学び美しい環境を創造することに寄与できる力を養う。設計競技や実践を通して具体の建築を組み立てることに重点を置き活動している。

建築環境学・建築設備学

准教授 小笠原岳 takeshi.ogasawara☆meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

室内の快適性や省エネルギーの視点から、空調・換気設備のシステム開発研究を行う。また、建築設備を取り巻く、空気・熱・光などの環境要素に着目し、地球環境保全に貢献できる技術開発を目指している。主な研究テーマとしては、(1)教室環境における空調・換気設備に関する研究、(2)小学生向け建築環境教材の開発研究、(3)病院施設における院内感染低減空調システムの開発、などである。

地域の環境と防災

教授 藤村和正 fujimura☆ar.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

より快適で安全な社会の構築に向けて、地域の環境と防災に関する研究を進める。主な研究テーマは、(1)高精度な水循環モデルの構築とその地球温暖化適応策における活用、(2)地域振興に向けた小水力発電の活用可能性、(3)津波防災に向けた流域圏社会の地域モデルの構築、(4)井の頭恩賜公園池の湧水保全と水質改善に関する研究、などである。河川工学、水文学、水理学を中心とした自然現象を踏まえた上で、社会的な観点も含めて研究を進める。

鋼構造学

教授 鈴木博之 suzukihi☆ar.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

建築鉄骨、鋼橋などの鋼構造物に関する研究を、実験を主体として行っている。研究内容の一部を以下に示す。(1)鋼構造物に用いられる構造用鋼材の強度や変形性能といった機械的性質に関する研究 (2)溶接継手部、高力ボルト接合部の破壊に関する研究 (3)鋼構造物の補修・補強に関する研究 (4)繊維強化プラスチック(FRP)の鋼構造物への適用に関する研究

都市地震工学

教授 年縄巧 tosinawa☆ar.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

地震国である我が国は、構造物の倒壊・損傷により多くの地震被害を経験している。地震被害は構造物の耐震性や地震動の強さに大きく関係する。本研究室は、地震被害を軽減するために、都市構造物や地盤の振動特性の調査や地域の地震危険度評価を行っている。具体的には、3次元振動台を用いた構造物の振動実験、建物や地盤上における地震観測、高感度地震計を用いた建物や地盤の振動測定、コンピュータによる構造物や地盤の数値解析、GISによる都市域の地震危険度マップの作成を行っている。

新しい地盤材料と地盤災害

教授 矢島寿一 j-yajima☆ar.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

土・地盤は地球環境と災害という観点から見ると、公共構造物や建物の建設から発生する建設残土の処分問題、地震・豪雨時の地盤災害という問題を抱えている。本研究室ではこれらの問題を解決するために、建設残土の有効利用を目的とした新しい地盤材料(例えば気泡混合軽量土やタイヤチップス)の研究や地盤災害の代表的な例である斜面崩壊、地盤の液状化の発生メカニズムを解明する研究を種々の力学試験機を用いて行っている。

建築史・建築設計・都市デザイン

准教授 齊藤哲也 stetsuya☆ar.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

身近な建築物と都市空間を対象に、過去から未来へと続く時間的連続性をもつ 建築の可能性を探求する研究室である。地域資源となり得る歴史的建造物の再生活用を研究室の基盤テーマとし、家具の設計からまちづくり提案まで、幅広い対象における時間概念の空間化の在り方に注目している。 また、自然要素・歴史的空間を素材とした設計手法に関するテーマや、住環境における屋内外の中間的領域に関するテーマに継続的に取り組み、その理論と具体を追究するため、研究と設計を両輪として活動する。

インテリアデザイン・空間デザイン

准教授 高橋彰子 akiko.takahashi☆meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

空間のデザインは多様なコンテクスト(文脈)のなかで成立している。極めて 前衛的と思われる独創的なデザインも、様々な歴史・文化の影響の下で生じて いる。良いデザインをするためには、過去のデザインに対して謙虚になり、デザイン が成立している背景を丁寧に読み解くことが重要である。本研究室では、古今 東西のデザインに多く触れ、その成立背景を読み解くなかで、自らのデザイン 力を養っていく。主にインテリアデザイン、小規模建築のデザイン、リノベー ションの設計を行っている。

このページの先頭へ戻る