前のページに戻る

緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について(2021年9月)

【明星大学】

2021年9月29日
明星大学学長 落合一泰


 東京都などへの緊急事態宣言が、9月30日をもって解除されることになりました。しかし、コロナ禍が収束したわけではありません。
 本学では、国の「混雑した場所への外出の半減、テレワークによる出勤者7割減」などの指針を踏まえながら、感染拡大防止に関する学生・教職員等への啓発を、引き続き進めてまいります。

 今後の授業・施設利用等については、2021年9月1日付け学長メッセージ「2021年度後期授業について」で学生に伝えた方針を継続します。授業運営・授業形態に変更等がある場合は、別途、学生に対して修学支援システム「勉天」や「明星LMS」にて連絡いたします。
 また、キャンパス内の3密回避や公共交通機関等への影響を考慮しつつ、対面授業と遠隔授業を組み合わせて一日に登校する学生数を例年の1/3程度確保する施策を、当面継続します。
 これらの取り組みを通じ、本学は「学生・教職員の生命と身体の安全確保」と「学生の学修機会の保障」の両立を図ってまいります。

 なお、キャンパス内の密を回避する観点から、本学学生・本学教職員、本学受験を考えている方及び来学予約をされた方を除き、学内への入構はお控えください。
 ご理解とご協力をお願い申し上げます。