前のページに戻る

新型コロナウイルス感染症に係る健康管理と感染が疑われる場合の連絡等について

2021年4月13日更新
  • このページは更新されることがあります。定期的に確認するようお願いいたします。

1. 健康管理について

 新型コロナウイルスの感染は、飛沫感染と接触感染の2つが考えられます首相官邸ウェブサイトより
 予防と感染拡大防止の観点から、次のことがらを心がけるようお願いいたします。

皆様一人一人が心がけること

  • ① 毎朝体温を測り、記録を付けてください。登校時に確認することがあります。
  • ② 発熱、咳、くしゃみなどの症状がある場合や、少しでも体調が悪いと感じた場合は、決して無理をせず、登校を含めた外出を見合わせてください。
  • ③ こまめな手洗い(石けんを使い30秒程度)や手指の消毒などの対策を行うとともに、手で顔(目・鼻・口などの粘膜部分)を触らないようにしてください。
  • ④ 咳エチケットを励行し、マスクは鼻と口を覆う形で必ず着用してください。
  • ※マスク着用時の熱中症予防
  • 屋外の高温や多湿といった環境下で、人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクを外すなど各自で対応をとってください。

外出の際心がけること

基本的には、人との接触に注意すること、密閉空間(場所)を極力避けることです。

  • ⑤ 外出時は、できるだけ人混みを避けるようにしてください。
  • ⑥ 周りの人と間隔を2m程度(最低でも1m以上)空けるようにしてください。
  • ⑦ 会話や発声のときは、真正面に向かい合うことを避けてください。
  • ⑧ 風通しが悪い場所で集まることを避け、意識的に換気を行ってください。
  • ⑨ 不要不急の集団活動や懇親会への参加は自粛してください。
  • ⑩ 登校時には、①~⑨を十分に気をつけ、学内滞在時間が最短となるよう努めてください。

 また、万一感染が疑われる場合は決して無理をせず、下記「2. 感染が疑われる場合の連絡先」へ連絡するようお願いいたします。

2. 感染が疑われる場合の連絡先について

 下記のような症状が続いた場合には、かかりつけ医または新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター(各都道府県新型コロナ受診相談窓口)等へご相談ください。

発熱、咳、咽頭痛、息切れ、倦怠感、関節痛、頭痛、嗅覚異常、味覚異常

※新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html
※厚生労働省電話相談窓口
 0120-565653(フリーダイヤル)9時~21時(土日・祝日も実施)

3.感染したまたは濃厚接触者と判断された場合

 すみやかに、明星LMSの「OP0000158 明星学苑 新型コロナ対策」へ必要事項の入力をお願いします。(通学課程の学生、教職員共通)

4. 各連絡先

明星大学通学課程の学生

 心配ごとなどがある場合は、保健管理室へご連絡ください。

  • 明星大学総合健康センター保健管理室(16号館1階)
     (電話 042-591-5184) (直通)
      月曜日~金曜日(9時~17時)

教員

  • 専任教員
    • 学部支援センターに連絡してください。
    • 詳細はStarNetの「新型コロナ対策」ポータルを確認してください。
  • 非常勤講師

職員

  • 各部署の上長へ連絡してください。
  • 詳細はStarNetの「新型コロナ対策」ポータルを確認してください。

清掃・食堂等委託会社

  • 学苑・大学管理局 総務ユニット 総務チーム(電話 042-591-5111)に連絡してください。