前のページに戻る

沿革

昭和39年(1964年) 明星大学(理工学部)開学 初代学長 児玉九十
昭和40年(1965年) 人文学部開設
昭和41年(1966年) 人文学部に経済学科増設
昭和42年(1967年) 通信教育部心理・教育学科開設
昭和46年(1971年) 大学院人文学研究科開設
昭和47年(1972年) 大学院理工学研究科開設
昭和57年(1982年)  東京リンカーンセンター開設
昭和58年(1983年) 戦後教育史研究センター開設
情報科学研究センター開設
昭和59年(1984年)
《創立20周年》
田老宇宙線観測所および同鉱山史料館開所
昭和60年(1985年) 物性研究センター開設
平成元年(1989年) 外国語センター(現・国際教育センター)開設
平成4年(1992年) 青梅校に情報学部・日本文化学部開設
平成6年(1994年)
《創立30周年》
21号館(明星シェイクスピアホール)開館
平成7年(1995年) 22号館(新・大学会館)竣工
平成10年(1998年) 大学院情報学研究科開設
平成11年(1999年) 通信制大学院人文学研究科教育学専攻修士課程開設
平成12年(2000年) 日本文化学部生活芸術学科を造形芸術学科へ学科名称変更
平成13年(2001年) 人文学部経済学科を改組し、経済学部経済学科開設
心理相談センター開設
平成14年(2002年) 人文学部社会学科に社会福祉士受験資格課程開設
23号館竣工
平成15年(2003年) 人文学部社会学科を人間社会学科へ学科名称変更
人文学部心理・教育学科に保育士養成課程設置
教職・資格センター(現・教職センター)開設
平成16年(2004年)
《創立40周年》
24号館・25号館(体育館)竣工
新本館(管理棟)竣工
平成17年(2005年) 学部学科の改組
 理工学部に機械システム工学科、電気電子システム工学科、建築学科、環境システム学科を開設
 人文学部に国際コミュニケーション学科を開設
 経済学部に経営学科を開設
 情報学部に情報学科を開設(情報学部を日野校へ移転)
 造形芸術学部造形芸術学科を開設
学生生活・キャリア支援センター、学習支援センター開設
平成18年(2006年) 大学院経済学研究科開設
大学院人文学研究科教育学専攻(通信課程)博士後期課程開設
平成19年(2007年) 27号館・28号館・29号館・30号館竣工
平成20年(2008年) 総合健康センター、ボランティアセンター開設
平成21年(2009年) 連携研究センター開設
平成22年(2010年) 学部学科の改組
 教育学部教育学科を開設(人文学部心理・教育学科教育学専修を改組)
 人文学部に日本文化学科を開設(日本文化学部言語文化学科を改組)
 人文学部に福祉実践学科を開設
 人文学部に心理学科を開設(心理・教育学科心理学専修を改組)
 理工学部に総合理工学科を開設(物理学科、化学科、機械システム工学科、電気電子システム工学科、建築学科、環境システム学科を改組改編)
 通信教育課程に教育学部教育学科を開設(人文学部心理・教育学科教育学専修を改組)
学生サポートセンター開設(学生課、学生生活・キャリア支援センター、学習支援センター統合)
就職課をキャリアセンターへ部署名変更
明星大学明星教育センター開設
教職・資格センターを教育学部教職センターに改組
31号館竣工、学生サークル会館として供用(愛称Ponte)
平成24年(2012年) 学部学科の改組
 経営学部経営学科を開設(経済学部経営学科を改組)
平成26年(2014年)
《創立50周年》
学部学科の改組
 デザイン学部デザイン学科を開設(造形芸術学部造形芸術学科を改組)
発達支援研究センターを開設
明星大学創立50周年記念式典を挙行
平成27年(2015年) 32号館・33号館竣工
地域交流センターを開設
ユニバーサルデザインセンターを開設
平成28年(2016年) 教育学部教職センターを教職センターに改組
平成29年(2017年) 心理学部心理学科を開設(人文学部心理学科を改組)
令和2年(2020年) 建築学部建築学科を開設(理工学部総合理工学科建築学系を改組)
大学院心理学研究科を開設(人文学研究科心理学専攻を改組)
大学院人文学研究科国際コミュニケーション専攻を開設(人文学研究科英米文学専攻を改組)