スマホ向け表示

前ページへ戻る

理工学部 総合理工学科 機械工学系 

ハイテクの世界にも、ものづくりの達人はいるらしい。

ロボット製作、宇宙開発、エンジンの開発、航空機の開発など、最先端の現場でもいまだにコツコツ手作業でものづくりを行ってもいます。テレビ番組などでそんな光景を目にしたことはないでしょうか。

いくら科学が進歩しても、作り手である人の役目はやっぱり大事。機械工学系は、そんなハイテク時代の職人である、エンジニアをめざす人々の能力を最大限に伸ばします。

必要な基礎知識、製図などの技術を修得する一方で、フォーミュラカーやロボットなどの対外的なコンテストに自らプロジェクトを企画してチャレンジ。卒業研究では、未知の世界を開拓していく醍醐味も体験できます。

<体験教育 体験談>3D-CAD

ものづくりに欠かせない「共通言語」、設計図作成のためのルールが身につきました。

百瀬 元気さん 
理工学部 総合理工学科 機械工学系 3年 
長野県松本美須々ヶ丘高等学校出身

学外で行われるコンテスト等への参加も視野に入れた「プロジェクト」を正規の授業として配置。

フォーミュラカーやロボットコンテスト,流れの夢コンテストなど、学生自らプロジェクトを企画し、学外コンテストに参加することを目標としています。

多様な機会の製作プロセスを体験することで、基礎的な機械工学の知識の大切さを再確認するとともに、今後の機械工学関連科目の基礎も理解できます。

主な研究テーマ

4年生は研究室に配属され最先端技術を研究し、卒業論文を作成します。研究には決まった正解がありません。学生が3年間培った学力と技術を生かし正解を自分で導き出すのです。時には1から実験装置を作り上げていくこともあります。この経験を経て先輩達は機械工学のエンジニアとして高い評価を受けています。

他にも
○屋外型自律移動ロボットの研究
○シューズのデザインシステム
○パルス管エンジンの性能向上 他
があります。

主なプロジェクト

授業風景

学科の特徴

1.

学系ごとの学習に備えた万全の基礎づくり。

1年生は、6つの学系を横断した共通プログラムに基づいたカリキュラムを実施。理学、基礎科学、工学を総合的に学び、体験を重視した学習をスタートします。6つの学系に分かれ、より専門的となる2年次以降の学習の基礎を、しっかりと固めていきます。

2.

専門的な知識も実践的に学習。

2年生からは、物理学系、生命科学・化学系、機械工学系、電気電子工学系、建築学系、環境・生態学系の各学系に分かれて専門学習がスタート。「理工実験実習」「プロジェクト」などの体験型科目が充実しており、専門的な知識を実践的に学ぶことができます。

3.

苦手科目も克服できる復習カリキュラム。

専門分野の基礎となる数学、物理、化学を復習していくカリキュラムも開講しています。いずれもマンツーマン形式での演習。分からないことがあれば、すぐに質問ができる環境が整っています。そのため、未履修科目、苦手科目であっても克服することが可能です。

学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る