スマホ向け表示

前ページへ戻る

理工学部 総合理工学科 電気電子工学系 

エネルギーと情報を支える技術者を育成する電気電子工学系

日々の暮らしには、電気、電子、情報、通信が大きく関わっています。

電気電子工学系では、電気・電子工学の学問を体系的に学び、電気電子工学実習、プログラミング実習を通じて実践的な課題に取り組みます。

開講科目は情報工学系から電子工学、電力工学系と多岐にわたり、そこで得られる知識は建設・機械・自動車・情報・通信など幅広い分野に活かすことができ、高い就職率へとつながっています。

<体験教育 体験談> 情報通信実験

ここで学んだ原理や技術をもとに、アニメに出てきたような発明をめざします。

野崎 大輝さん 
理工学部 総合理工学科 電気電子工学系 3年 
静岡県立藤枝東高等学校出身

より細かい部分を見ながら「ものづくり」がしたいと考え、この学系への進学を決めました。

「情報通信実験」の授業では、模擬的な回路を製作し、電流を流すことで生じる波形をオシロスコープで観測し、現象を自分の目で確認して原理についての理解を深めます。

観測した矩形波の波形をExcelで描けるということも学べました。この授業などで学んだ基礎をもとに、さらに高度で本格的な実験に取り組んでいくことになりますが、その中で自分の将来の道を見つけていきたいと思います。

主な研究テーマ

4 年生の1年間をかけて卒業研究を行います。電気電子工学における研究テーマの特徴は、いずれのテーマを採っても、それに係る科学・技術の裾野が広いことです。太陽光発電を例に採れば、太陽電池の低コスト化・高効率化に係わり材料・物性・デバイスなどの知識・技術、調和的な電力系統・エネルギー需給に係り電力システム・制御工学などの知識・技術が必要になります。したがって、敢えての分類となりますが、本学系での電力・制御工学に係わるテーマのキーワードとしては環境エネルギー・電力貯蔵システム・電気機器・福祉機器・超電導など、情報・通信工学に係るテーマのキーワードとしては衛星システム・リモートセンシング・画像処理・画像認識など、物性・デバイス工学に係るテーマのキーワードとしてはナノテクノロジ・半導体デバイスなどが挙げられます。

なお、このように修得する知識・技術の幅が広いこと、それが就職面での電気電子工学系の特徴にもなります。どこの大学でも、電気電子工学関連の学科は高い就職率を誇り、卒業生は幅広い業種(電気電子部品・機器・システム、電力・エネルギー、自動車、放送・通信、コンピュータ・IT、建設・ 土木、交通・物流、ロボット・機械、医療・薬品、食品、金融・商業などの産業分野)で活躍しています。

学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る