スマホ向け表示

前ページへ戻る

理工学部 総合理工学科 生命科学・化学系 新素材、化粧品、医療品などの開発や、環境問題の解決を見据え、原子・分子レベルでの新発見に努める。

<授業の特長>

体験を通じ、社会で活かせる多くの知識を学ぶことができます。

化学と生命科学に関連する分野を幅広く学べることが特長です。

1、2年生で化学の基礎知識を学び、3年生ではその知識を社会で活かすことを狙いとして生命科学、分子科学、環境科学など数多くの応用的な分野が学べるカリキュラムが特色です。

また、教員と学生の間には密なコミュニケーションがあり、学生の成長に大きなプラスになっています。

カリキュラム

画像をクリックすると拡大します。

クローズアップ授業

化学・生命科学実験III

化学にはさまざまな法則があり、また物質にはそれぞれ独特の性質があります。 「化学実験」では、それらを理解するために各種測定技術を体験・習得し、併せて報告書の作成方法を習得します。 「生命科学実験」では、生命科学における分子生物や遺伝子工学分野の実験の原理と技術を学び、DNA組換え法の基盤技術である大腸菌の形質転換、DNA電気泳動法、ポリメラーゼ連鎖反応などを、実際に実験をすることで習得します。
学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る