前のページに戻る

総合理工学科 生命科学・化学系 履修モデル

授業の特長

体験を通じ、社会で活かせる多くの知識を学ぶことができます。

 化学と生命科学に関連する分野を幅広く学べることが特長です。
 1、2年生で化学の基礎知識を学び、3年生ではその知識を社会で活かすことを狙いとして生命科学、分子科学、環境科学など数多くの応用的な分野が学べるカリキュラムが特色です。
 また、教員と学生の間には密なコミュニケーションがあり、学生の成長に大きなプラスになっています。

カリキュラム

カリキュラム

特色ある科目

ナノ・バイオテクノロジー

 ナノテクノロジーやバイオテクノロジーなどのトピックスをオムニバス形式で取り上げ、化学と生命科学の最前線の一端を理解する。

化学・生命科学実験1

 生命科学における生化学分野の基本的な実験操作法を習得。核酸とタンパク質の調製法と定量法の原理を理解し、化学分野では分析化学の実験操作法を習得。

生命工学

 ゲノム・遺伝子を操作する技術とその応用、再生医療の基盤技術であるES細胞およびiPS細胞に関する基礎的知識などを習得する。

機器分析学

 与えられた試料の構造解析を行う。この際、試料に関する情報は一切ない。このような状況で、どのように未知化合物の同定を行うかを実践的に学ぶ。

「大学案内」には、より詳細なカリキュラムや在学生、教員の声を掲載しています。資料請求は無料です。

総合理工学科生命科学・化学系の最新情報