スマホ向け表示

前ページへ戻る

理工学研究科 物理学専攻 

原子・分子物理学、放射線物性物理学

教授 合田一夫 goda☆phys.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

ミクロの世界では原子や分子を記述する量子力学の法則が成り立つ。構造がナノサイズになると量子力学的効果があらわれ、新機能性の材料の創製が期待される。これらの効果を利用して、本来エネルギーを与えても可視発光しないシリコンが光るようになるナノ構造発光シリコン膜の創製について研究をしている。また、環境にやさしい循環型デバイス開発への基礎研究を行っている。

物性物理学、電気的機械的精密物性測定法の開発、結晶成長

教授 山口俊久 t-yamaguchi☆phys.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

強誘電体は超音波診断装置や超大容量メモリー等、様々な分野で使われている。一方、強誘電体には温度が変わると特性が大きく変化する性質がある。このような特異な性質、特に誘電性(誘電率、焦電性、圧電性など)や熱膨張の測定により、それらに見られる様々な特徴ある現象のメカニズムを解明している。さらに、強誘電体の電束密度-電界履歴曲線観測法による自発電気分極測定を高精度自動化している。加えて、様々な結晶育成法を駆使して新たな強誘電体の発見とそれらの応用開発にも努めている。

素粒子物理学

准教授 石田宗之 ishida☆phys.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

物質の基本となる構成要素を素粒子という。現在素粒子は全く同じ電荷の組み合わせを持つ2種のクォークとレプトンが3回繰り返す3世代構造をとることが知られているが、なぜ3世代であるのか、またその桁違いに違う質量の起源は全く分かっていない。素粒子の標準模型は様々な点で不自然であり、標準模型を超える新しい理論を発見するべく、欧州ではラージ・ハドロン・コライダー(LHC)が稼働し、次々と新しい結果が報告されている。これら最新の実験データを用いて様々な理論的可能性を検証し、新しい素粒子の模型を構築する研究を行っている。

統計力学、生物物理

准教授 鈴木陽子 youko☆phys.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

アミノ酸が鎖状になっている蛋白質は、折り畳まれて立体構造をとることで生態機能を発現する。蛋白質の折り畳みについての機構を物理的な視点から理解する際、エネルギー・ランドスケープ理論とファネルの概念は重要な役割をなしており、この理論的な枠組みをもとに実験やシミュレーションを用いた研究がなされてきた。本研究室では、このような実験やシミュレーションの結果の物理的な本質を理解するために、蛋白質フォールディングに対する解析的なモデルの構築を中心に行っている。

物性物理学、物質探索の材料科学

教授 高重正明 masaaki.takashige☆meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

強誘電体や超伝導体などを対象として、有用な材料を開発することを研究の目標とする。対象物質(試料)の作成や物性測定は重要であるが、どのような物質を作成すべきか、組成をデザインすることにも力点を置く。既知成分の一部を変えるとか、誰も調べていないからやってみよう等、様々な思いをこめて研究すべき物質を探すのである。このような興味ある現象を示す物質を探すことを物質探索の研究という。また超伝導現象、圧電現象、原子間力顕微鏡の原理などの直感的理解を助けるための先端科学技術に関する教育活動も行う。

天文学・天体物理学

常勤教授 井上一 hajime.inoue☆meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

天文学は、私たち人類が広く自分たちの環境を知り、地球と文明の未来を 考える上で、必要不可欠な学問である。 人類の宇宙観は、天文学の進展によっ てダイナミックに変革をとげてきた。今や、私たちは、さまざまな観測手段により、 宇宙の生きてきた時間を遡り、宇宙137億年の歴史を、ほぼ見渡すことができる。 私たちの研究室では、次々と新しい発見がもたらされる最新の宇宙像と、それら の基本的な理解を進める躍動的な天文学・天体物理学について学ぶ。そして、 銀河団中の高温ガスの特性と分布、銀河中心の大質量ブラックホールの環境と 進化、星の死骸とも言える中性子星やブラックホールとその周辺で見られる さまざまな物理現象、などについて 先端的な研究を行う。

銀河天文学・電波天文学

准教授 小野寺幸子 sachiko.onodera☆meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

宇宙空間には星の他に、ガスや塵からなる星間物質が存在する。恒星は星間 物質から生まれ、寿命を迎えると再び星間物質に還っていく循環を繰り返して いる。本研究室では、銀河におけるこの循環現象、特に星形成現象及びその 母体となる分子雲の形成メカニズムを解明することを一つのテーマとしている。 また、銀河におけるガスの運動を調べることで銀河の力学的構造を詳細に知る ことができる。ALMA望遠鏡や国立天文台野辺山45m望遠鏡など、最先端の 装置による観測データを用いてこれらの研究を行っている。

ソフトマター物理

教授 古川一暁 kazuaki.furukawa☆meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

生体分子や有機分子といったソフトマターを対象に、それらが固液界面や気液界面で新現象・新機能を発現するためのマテリアルデザインおよび発現メカニズムの原理解明研究を、相互に補完しながら進めている。最先端の計測技術やナノテクノロジを、グラフェン、人工生体膜、DNA、有機高分子を含む物質に適用して、新たな研究領域を切り開く。物理学と化学や生命科学とを融合した、学際領域研究を展開している。

このページの先頭へ戻る