前のページに戻る

物理学専攻 専攻案内

概要

 物理学の研究には、自然界の諸現象を基本的な法則に基づいて理解しようとする面と、自然科学の他の分野や様々な技術に応用して産業・経済に役立てようとする面とがあります。本専攻では、理論と実験のバランスを取ることにより広い視野を持つ人材を育成しています。また、理論系の院生と実験系の院生が一緒に受講する授業がかなり多いことも特徴となっています。天文台や、原子衝突実験装置をはじめとする様々な設備も充実。院生の学会やセミナーへの参加も積極的に推奨されています。

アドミッションポリシー

博士前期課程

  • 自然科学における実証性、論証性という方法論を理解し、特に宇宙物理学・天文学、物性物理学、原子核・素粒子物理学のいずれかの分野における興味と基礎知識を持っている人。
  • 宇宙物理学・天文学、物性物理学、原子核・素粒子物理学のいずれかにおいて、テーマをみつけ、物理的手法によりその理解と、問題解決に努力をする意欲を持っている人。
  • 理学・工学の分野を横断的に見渡し、専門知識を他分野にも応用することに意欲がある人。
  • 物理学以外の活動で起こっている事象の中からでも、理論や、実験による物理学手法による解決に関心・意欲を持っている人。
  • テーマの中で得た理論や実験の結果を整理し、物理学に関する、発表・議論に積極的にのぞむことに意欲を持っている人。
  • 自ら率先して、研究室内の運営に携わること、良い人間関係を築くことに意欲を持っている人。
  • 現場で発生する問題・課題に対して、根源に立ち戻ってその解決方法を探ることに意欲を持っている人。

博士後期課程

  • 自然科学における実証性、論証性という方法論を理解し、自然科学、特に宇宙物理学・天文学、物性物理学、原子核・素粒子物理学のいずれかの分野における修士課程修了程度の知識を持っている人。
  • 理学・工学の考え方や原理に基づき、問題を解決することに意欲を持っている人。
  • 現実の社会で発生している物理学以外の問題・事象に対しても、各専門分野で経験した研究手法を適用することに意欲を持っている人。
  • より高度な物理学を学び、物理学以外の活動で起こっている事象の中で、物理学の手法で解決できるものがあるならば、その解決策を提示することに意欲を持っている人。
  • 宇宙物理学・天文学、物性物理学、原子核・素粒子物理学のいずれかの分野の中で思考や実験の高度な結果を得ること、専門分野において投稿、発表することに意欲を持っている人。
  • 新たな研究テーマを自ら考え提案・研究して、未知の問題に解決策を与えられる専門的職業人となることに意欲を持っている人。
  • 研究などにおいて理論を提案するだけでなく、実際にやって検証すること、または検証するための技術を身につけることに意欲を持っている人。

物理学専攻の最新情報