前のページに戻る

環境システム学専攻 専攻案内

概要

 環境システム学専攻は、環境に関する様々なテーマに取り組み、循環型社会への扉を開く高い理想を掲げて、高度な研究や技術開発に挑みます。特に急速な経済発展とともに環境問題への取り組みが急がれるアジア諸国にわが国の高度な技術を広めることが期待され、海外からの留学生も積極的に受け入れます。博士前期課程、博士後期課程ともに環境情報系、環境技術系の二つの系を設けて専門分野を深めます。

アドミッションポリシー

博士前期課程

  • 環境技術者又は研究者を目指す人。
  • アジア地域の環境保全に関心を持つ人。
  • 環境問題に関心を持ち、それを解決する意欲のある人。
  • 自主的・継続的に勉学・研究を実行できる人。
  • 環境全般の基礎的知識を持ち、実験・調査に取り組める人。(大学卒業レベルの英語力のある人)

博士後期課程

  • 高度なレベルの環境技術者又は研究者を目指す人。
  • 研究に対して計画から実験・調査および分析を行うことができる人。
  • 環境問題に関心を持ち、それを解決する意欲のある人。
  • 自主的にかつチームワークで研究ができる人。
  • 研究論文等を読みこなすレベルの英語力のある人。