前のページに戻る

化学専攻 専攻案内

概要

 化学専攻は、創設以来継続して学位取得者を社会に送り出しており、多くが化学の諸分野の研究者・技術者として活躍しています。近年は学ぶことのできる専門領域が広がり、従来からの化学分野はもちろん生命科学分野も拡充されて発展しています。また、学内の研究室諸設備を利用した研究ばかりではなく、学外の研究者・機関との連携を通じて各分野最先端の研究も行われています。

アドミッションポリシー

博士前期課程

  • 文献調査のための英文読解能力、実験から多くを学ぶ観察能力を有している人。
  • 文献・書籍からの知識、自身の知見、将来の展望との区別が明確な思考法と判断能力を有している人。
  • 化学研究の実施に高いモチベーションを有している人。
  • 不明・不確実なことを自ら調べる姿勢を有している人。
  • 考えながら実験を進めていく姿勢を有している人。

博士後期課程

  • 専門分野の研究動向を把握し、自らの研究の位置付けをして、将来の展望を有している人。
  • 研究手法の高度化を工夫する思考法を備え、結果の解析の精度を確実に判断する能力を有している人。
  • 専門分野に関わる関連分野の発展にも関心を広げ、現実性のある将来の展望を有している人。
  • 自身の研究に責任ある姿勢を持つことができる人。
  • 研究手法の工夫を継続して進めていく姿勢と能力を持っている人。自らの研究を専門家にも、また社会にも説明できる能力を有している人。

化学専攻の最新情報