スマホ向け表示

前ページへ戻る

人文学研究科 社会学専攻 

社会の実態を科学的・実証的に明らかにしようとする 社会学は、研究対象がきわめて広範囲に及びます。 本専攻では、まず社会そのものと人間の生活の理解を 深めること、そして研究方法として社会学・社会福祉学 を活用できるようにすること、さらに自らの研究対象を 社会学的に理論的・実証的に研究することが指導方針 となっています。カリキュラムは2本立てで、各専門 領域の学問習得に力点を置く研究科目を縦糸に、 院生個々の研究課題について指導する「社会学特殊 研究指導」を横糸に、両者織り合わせて効力を発揮 するよう編成されています。専門社会調査士資格が 取得可能です。

社会学専攻について

1.

理論研究と実証研究のいずれにも対応

担当の教員は、社会学史、現代社会学理論、社会集団論、家族、都市・地域社会、政治、教育、社会福祉、社会政策など、それぞれ社会学の中で専門の研究分野を持ち、研究業績をあげています。院生はそうした研究分野に基づいて指導を受けます。いずれの教員も理論的な研究とともに実証的な調査研究にも取り組んでいるため、院生が理論研究、あるいは実証的研究のいずれを希望しても十分に指導を行うことができます。

2.

複数の指導教員による行き届いた指導

博士前期課程では、院生ごとに2名の指導教員を定め、行き届いた、また異なった角度からの指導ができるようにし、修士論文の作成に向けて研究を進めていきます。博士後期課程では、院生自身の自主的・自発的研究を重視し、3名の指導教員のもと院生自身が立てた研究計画に沿って博士論文作成に向け指導を行っていきます。

3.

社会学の幅広い領域をカバーした科目群

本専攻では、現代社会学理論研究、社会問題、教育社会学、都市社会学、経済社会学、歴史社会学、社会政策、社会保障、児童福祉、福祉政策、メディア・コミュニケーション論、家族研究など、様々な分野の講義が提供され、「大学院便覧」にそうした科目の細目が収録されています。また「明星大学社会学研究紀要」のバックナンバーでは各担当教員の論文を読むことができるので、科目の選択に当たっては十分参考にすることが必要となります。なお、学部生・大学院生の発表雑誌として『社会学研究報告』も刊行されています。

このページの先頭へ戻る