前のページに戻る

教育学科 子ども臨床コース 履修モデル

授業の特長

4年間で無理なく、専門職として必要な力を身につける。

 保育学や心理学、社会福祉学、教育学など多様な視点から子どもと社会に目を向け、現場における援助方法などを具体的に学びながら保育士資格と幼稚園の教員免許状、そして、小学校の教員免許状の3つの資格・免許状の取得をめざします。

 実践的な授業内容を学んだり、さまざまな現場を体験できるなど実習前学習が充実しています。

 いろいろな現場体験を通じて専門職としての力量を高めることができます。また教員が学生一人ひとりと細やかに丁寧に関わりながら4年間を過ごせるという点もメリットです。

カリキュラム

※教育学部全体のカリキュラム表です。

カリキュラム

特色ある科目

子どもと保育者・教師のメンタルヘルス

 子どものメンタルヘルス(精神的健康)について、その概念や幼児期、児童期、思春期の特徴と課題、心のケアと援助法について学ぶ。ロールプレイを行い、子どもとの関わり方、保育のあり方について理解を深める。

社会的養護1

 社会的養護(家庭的養護を含む)とは何か、子どもへの社会的援助が必要となる社会構造とそのニーズについて学ぶ。

子どもと遊び

 幼児期から児童期までの子どもの発達と遊びや、遊びを取り巻く今日的環境を理解し、子どもの発達に沿った遊びの指導の方法について学ぶ。

保育内容言葉の指導法

 乳幼児の発達を踏まえて、領域言葉の理解と考え方、言葉の発達と言葉を育てる保育のあり方、保育者の働きかけと言語環境、言葉と感性の問題などを理解する。

「大学案内」には、より詳細なカリキュラムや在学生、教員の声を掲載しています。資料請求は無料です。

教育学科子ども臨床コースの最新情報