前のページに戻る

経営学科 履修モデル

授業の特長

多様な体験授業を通じて問題解決力とコミュニケーション力の高い人材を育成。

 実践的な授業と経営理論を並行して学ぶことで、企業や社会が求める社会人基礎力を高め、即戦力を身につけることをめざします。
 産学連携やビジネスプラニングなど、企業関係者の協力により、授業内で「本物」の経営体験が豊富に提供されています。実践的な体験授業やゼミナールを通じて先端的な経営学をスパイラルに学び、高い問題解決能力と豊かなコミュニケーション能力を育てます。

カリキュラム

カリキュラム

特色あるコース

多摩ブランド創生コース

 「地域ブランド論」「地域経済論」「IoTマーケティング」「サプライチェーンマネジメント」など、地域を活性化するための施策を学べる科目を設置。

観光・ブライダルコース

 「観光ビジネス論」「ホスピタリティ・マネジメント論」「ブライダル・マーケティング論」など、サービス業で活躍するための知識とスキルを習得できる科目を設置。

事業承継・起業コース

 「ビジネスプランニング」「イノベーション実践論」「ファミリービジネス論」「起業マネジメント論」など会社づくりや承継に必要な経営力を習得できる科目を設置。

金融・会計プロフェッショナルコース

 「財務諸表分析」「ビジネスアカウンティング」「上級財務会計」「意思決定会計」など、金融機関への就職や会計のプロをめざせる科目を設置。

高度実務人材育成ケース

 「経営戦略ケーススタディ」「中小企業経営論」「国際経営論」「現代の経営戦略と組織」など、企業や官公庁における即戦力をめざせる科目を設置。

経営学科の最新情報