スマホ向け表示

前ページへ戻る

人文学部 日本文化学科 身近な盲点に目を向けて、日本文化、そして自分を見つめる。体験を通して社会に役立つ技能を育成。

授業の特長

日本の文化を知り、世界に発信できる力を身につける。

初年次キャリア教育の一環として、「伝統芸能」「日本文学」「古典文学」「日本の歴史」など日本文化学科に関係ある諸方面から人材を招き、「職の可能性」を語ってもらうことを柱に日本の文化を深く学び、学生一人ひとりの異なる興味を学問的研究につなげます。

また「比較文化」の授業を通じて世界の文化と日本の文化を比較、海外から見た日本の姿を知り、日本語力と外国語力を養うことで、日本文化を世界に発信できるようになります。

カリキュラム

画像をクリックすると拡大します。

クローズアップ授業

自立と体験2

さまざまな日本文化の体験を通じ日本文化の多様性を学びながら学生同士の結びつきを強め、活発な学生生活の基盤を形成する授業です。

実際に日本文化の継承に関わっている方の話を聞いたあとで、必ず発声や体の動きを伴う体験をします。実際に体を動かしたり見学に行ったりすることで主体性と積極性が養われます。

また、日本文化を深く理解し、その多様性を知り世界に発信できるようになります。
学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る