前のページに戻る

日本文化学科 履修モデル

授業の特長

日本の文化を知り、世界に発信できる力を身につける。

 初年次キャリア教育の一環として、「伝統芸能」「日本文学」「古典文学」「日本の歴史」など日本文化学科に関係ある諸方面から人材を招き、「職の可能性」を語ってもらうことを柱に日本の文化を深く学び、学生一人ひとりの異なる興味を学問的研究につなげます。

 また「比較文化」の授業を通じて世界の文化と日本の文化を比較、海外から見た日本の姿を知り、日本語力と外国語力を養うことで、日本文化を世界に発信できるようになります。

カリキュラム

カリキュラム

特色ある科目

日本語レベルアップ

 日本文化の魅力を世界に発信するために、日本語の運用能力を高めます。読む力、書く力、口頭表現、プレゼンテーション力を中心に習得します。

日本文化体験

 体験を通して日本文化を学びます。百人一首、能楽、講談、茶道、写し絵など、学外から多様な講師をお招きする、にぎやかで楽しい授業です。

日本文化演習

 日本の文化についてより深く専門的に扱う演習です。考察したいテーマを学生自身で見つけ出し、プレゼンやディスカッションを行います。対象に応じた調査方法、先行研究の活用法、参考文献の利用方法も習得します。

日本研究会

 日本文化学科の教員全員が、それぞれ顧問になって親身に指導する自主的な研究。授業と異なり出欠も成績もありませんが、存分に好奇心をつきつめることが可能です。

「大学案内」には、より詳細なカリキュラムや在学生、教員の声を掲載しています。資料請求は無料です。

日本文化学科の最新情報