スマホ向け表示

前ページへ戻る

人文学部 人間社会学科 身近な出来ごとに目を向けて、現代文化のあり様、そして自分を見つめる。考察を通して社会を生きる力を育成。

社会には、インターネットでもつかみきれない一面がある。

世の中で起こっている多くのことは、インターネットで調べればわかる時代です。でも、身近な社会の問題ほど、検索しても答えが見つからないことが多いのではないでしょうか。

外に出て人とふれあい、息づかいを感じてこそ、初めて理解できることがあるはずです。人間社会学科では、家族や地域など12の分野の専門科目で、現代社会が直面するさまざまな課題について考えていきます。

社会の現場に直接関わるフィールドワークや、自分たちが作ったアンケートを通じてデータを収集し、問題の原因を分析します。さらに、NPOや市民活動の担い手などをゲストに迎え、実社会について講義してもらう機会も用意しています。

<体験教育 体験談>社会調査実習

大学の手厚いサポートを実感しながら、
子どもと関わることができる仕事をめざしています。


二所宮 優佳さん 
人文学部 人間社会学科 4年  
東京都立日野高等学校出身
「社会調査実習」では、飛行機で伊豆諸島からその日の内に新鮮な魚を調布へと運び、飲食店などに流通させる「調布アイランド」という団体の活動を手伝いながら、「コミュニティビジネス」について学んでいます。

活動を体験することで、自分たちでビジネスを作り上げ、達成することの楽しさ、難しさなどを学ぶことができました。

将来の目標は子どもに関わることができる仕事です。先生だけでなく教職センターの職員の方々が親身になって相談にのってくれるので、目標に向け安心して勉強に励んでいます。
学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る