スマホ向け表示

前ページへ戻る

デザイン学部 デザイン学科 デザイン学部 デザイン学科

授業の特長

社会やデザインの現場で本当に必要とされる力をもった人材を育成する。

「デザイン」を明確に「企画力×表現力」と定義し直して、従来の狭い範囲のモノ作り技術の教育ではなく、「企画力」「プレゼンテーション力」「コミュニケーション力」を徹底的に学び、今日の社会やデザインの現場で本当に求められる、広い応用範囲をもったデザイン力を身につけ、実社会で本当に必要とされる人間に成長できる、「就職や現場に強い学部」です。

カリキュラム

※カリキュラムは変更する場合があります。

画像をクリックすると拡大します。

画像をクリックすると拡大します。

学科Topics

2015年デザイン学部の新校舎誕生

2015年4月、デザイン学部が主に使用する5階建ての新校舎が誕生しました。広い展示スペースとプレゼンテーション設備を備えた多目的スタジオ、コンピュータと連動させた最新の工作機械のあるデジタル工房、模型工作室やマテリアル資料室など、明星大学デザイン学部が考える「本当のデザイン教育」に相応しい環境がより充実します。校舎内には、学生の成果物を常に展示できるショーウィンドウが随所にあり、1階にはカフェも併設されています。

クローズアップ 授業

実際の課題制作を通じて各分野で必要な基礎的要素を学びます。

視覚デザイン・生活デザイン基礎演習

生活デザインコースで学ぶ「プロダクトデザイン」「インテリアデザイン」「ファッションデザイン」の3分野、視覚デザインコースで学ぶ「グラフィックデザイン」「マンガデザイン」「メディアデザイン」の3分野を俯瞰し、各分野の特徴、差異、共通点を学び、「プレゼンテーション力」と「目的のために正しく準備をすること」の重要性を理解します。写真は、卵を落下の衝撃から守るパッケージを製作する「エッグドロップ」の授業の様子です。

学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る