スマホ向け表示

前ページへ戻る

情報学研究科 情報学専攻 

コンピュータハードウェアのみならず、ソフトウェアについても深く学ぶことができます。様々な方面への応用ソフトの開発及びそれらを使っての研究に取り組みやすい環境が整っています。院生は理論と技術の両面で基礎から応用までの科目を自由に選択受講できるようにしています。さらに昨年度からスポーツ・バイオメカニクス分野が立ち上がりました。多岐に渡る選択肢が用意されています。

情報学専攻について

1.

社会人を意識したシステムと制度

本研究科では就業しながら通学する社会人の利便性を考え、他の大学院で修得した単位を認定するなど教育・研究の環境・条件を柔軟に設定しています。社会の様々なフィールドで活躍し、新時代の情報技術を駆使して貢献できる希少価値の高い人材を育成することを最優先に考え、学びのシステムや制度にも十分な配慮をしています。

2.

高等学校教諭専修免許状「情報」

本研究科では高等学校教諭専修免許状「情報」を取得することができます。高等学校教諭1種免許状「情報」を有している方は、本研究科に入学して高等学校教諭専修免許状「情報」取得に必要な単位を修得し、修士の学位を取得すれば高等学校教諭専修免許状「情報」が授与されます。

3.

スポーツ・バイオメカニクス

従来のコンピュータサイエンス分野とは別にスポーツ・バイオメカニクス分野を立ち上げました。機械工学、生物学、応用数学にまたがる学際的な研究ができます。

このページの先頭へ戻る