前のページに戻る

情報学専攻 専攻案内

概要

 コンピュータとその応用について実践的に深く学ぶことができます。理論と技術の両面で、基礎からアプリケーションの開発までの幅広い研究に取り組みやすい環境が整っています。授業科目は、選択受講の自由度が高く、演習と一体になるように計画されていて、教員との密なコミュニケーションがはかれるように配慮されています。

Point1 社会人を意識したシステムと制度

 本研究科では就業しながら通学する社会人の利便性を考え、他の大学院で修得した単位を認定するなど教育・研究の環境・条件を柔軟に設定しています。社会の様々なフィールドで活躍し、新時代の情報技術を駆使して貢献できる希少価値の高い人材を育成することを最優先に考え、学びのシステムや制度にも十分な配慮をしています。

Point2 高等学校教諭専修免許状「情報」

 本研究科では高等学校教諭専修免許状「情報」を取得することができます。高等学校教諭一種免許状「情報」を有している方は、本研究科に入学して高等学校教諭専修免許状「情報」取得に必要な単位を修得し、修士の学位を取得すれば高等学校教諭専修免許状「情報」が授与されます。

Point3 学際性豊かな研究環境

 総合大学としての優位性を活かし、研究科相互に連携可能な研究環境があります。

アドミッションポリシー

博士前期課程

  • コンピュータのハードウェアとソフトウェア、及び数学の基礎的知識が身についている。
  • ネットワーク、アプリケーションプログラミング、情報処理に関する基礎的知識が身についている。
  • コンピュータに関わる工学的な課題を把握し、論理的に理解することができる。
  • 技術者としての倫理観と専門知識を有し、社会に対する責務を負うことができる。
  • 各分野で利用されているプログラミング言語を用いて、実用的なプログラミングができる。
  • 自然科学、社会科学、人文科学等の分野において、情報処理技術を幅広く活用することができる。
  • 様々な課題に対して論理的な思考を簡単な文章で表現することができる。
  • 自律的に学習し、日常生活をしていく上で必要な表現力、コミュニケーション力などの基本的な技能が身についている。
  • 最新の情報知識、技術知識の概要を理解し、その応用方法を簡単な文章で表現することができる。

博士後期課程

  • コンピュータのハードウェアとソフトウェア、及び数学の応用的知識が身についている。
  • ネットワーク、アプリケーションプログラミング、情報処理に関する応用的知識が身についている。
  • コンピュータに関わる工学的な課題を論理的に理解し、解決方法を的確に選択できる。
  • 技術者としての倫理観と専門知識を有し、社会に対する責務を理解している。
  • 各分野で利用されているプログラミング言語を用いて、実用的なプログラミングができる。
  • 自然科学、社会科学、人文科学等の分野において、情報処理技術を幅広く活用することができる。
  • 様々な課題に対して論理的な思考を簡単な文章で表現することができる。
  • 研究成果を発信するために必要な論文作成能力及びプレゼンテーション能力を有している。
  • 最新の情報知識、技術知識の概要を理解し、その応用方法を説明できる。

情報学専攻の最新情報