前のページに戻る

教育学科 教科専門(社会)コース 履修モデル

授業の特長

小学校から高等学校まで、幅広く担える専門家としての教師の資質能力を養う。

 これからの社会科教育を担う教員を育てるために、地理的・歴史的・公民的な領域の専門教養を学び、社会的な認識力・思考力・判断力や社会参加のための能力など、教師として必要な知識・技能を養成します。

 小学校の教員免許状に加えて、中学校・高等学校の教員免許状を取得することで、今日的な課題である小中連携などへの対応も期待できます。

カリキュラム

カリキュラム

特色ある科目

教育学基礎演習1・2

 教育の基本問題を理解し、自ら考える姿勢、ディスカッションする力、文献の調べ方、レポートの書き方、プレゼンテーションの方法などを身につける。

社会

 小学校の社会科教育に関する基本原理と諸課題を学ぶ。社会科の意義や社会科教育史、他の教科目との関連や現代的な教育課題との関係にも触れる。

地理学入門

 地理学の基礎として重要な「地形図の読図」と「気候学」の概略を学び、そのうえで、さまざまな社会問題や環境問題にどう対峙していくべきか、地理学的な視点から考える。

教育社会学

 教育と現代社会の関係を考える。学力格差・友人関係・学歴社会・親子関係・ジェンダーなどについて、さまざまなデータから検討する。

「大学案内」には、より詳細なカリキュラムや在学生、教員の声を掲載しています。資料請求は無料です。

教育学科教科専門(社会)コースの最新情報