前のページに戻る

教育学科 教科専門(数学)コース 履修モデル

授業の特長

豊富な実践事例をもとに、体験を通じて具体的に学ぶ。

 算数や数学についての幅広い教養と、解析学・代数学などの高い専門性の形成を図ります。

 それらを基礎として指導的な数学科教員や幅広い教育関連分野で活躍できる豊かな視野と高度な専門性を備えた人材を育成します。

 単に数学の問題を解くことではなく、その背景にある数学をきちんと学びつつ実践と結びつけるなど、幅広く学校教育における数学について学びます。

カリキュラム

カリキュラム

※2021年度入学生の場合(カリキュラムは2020年4月現在の予定を掲載しており、変更の場合もあります。)

特色ある科目

代数学1・2

 線形代数を学んだ後、いわゆる抽象代数の群・環・体の概念を学ぶ。それらを基に代数方程式の解の公式などのGalois理論を扱う。

解析学1・2

 高校の数学Ⅲまでの学習を前提にして、高度な多変数関数やより厳密なそれらの微分法・積分法を学び、習得することを目標とする。

確率論・統計学

 解析学での微分積分を応用して、確率の定義、確率分布、統計的推測の考え方を学習する。自ら実際のデータに応用できることを目標とする。

数学科教育法1~4

 数学Ⅲまでの学習を前提に、中学校や高校で扱う数学の内容をより高く広く深い立場から理解し、その教育目標・指導内容・指導方法などを体系的に学ぶ。

「大学案内」には、より詳細なカリキュラムや在学生、教員の声を掲載しています。資料請求は無料です。

教育学科教科専門(数学)コースの最新情報