前のページに戻る

会長メッセージ

 この度、平成30年度明星大学育星会定期総会において会長に就任しました松本主税と申します。今年度一年間よろしくお願いいたします。
新入生と保護者の皆さま、ご入学おめでとうございます。また、育星会会員の皆さま、教職員の皆さまには日頃よりご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございます。この場をお借りして育星会についてご説明させていただきます。

 育星会は、在籍する学生の保護者で組織され、保護者と大学との連携を保ち、在学生がより充実したキャンパスライフ、クラブ活動等を送ることができるよう環境づくりを支援し、また、大学の教育活動や学生生活について保護者の方へ情報伝達を行い、会員相互の親睦を図ることを目的とした保護者の会です。このような会は、大学としては例が少なく、育星会は大学の良きパートナーとして教育活動を支援しています。以下に具体的な活動の一例をご紹介させていただきます。
 第一に学生活動の支援として、課外活動に伴う連盟加盟費、施設利用費、遠征費等の一部補助を行うことによる個人負担の軽減。就職基礎講座・筆記試験対策・キャリアカウンセラーの配置等、就職指導にかかる費用を補助することで、就職活動における学生の不安・疑問を減らすことに貢献しています。また、100円朝食の提供協力、学生が読みたい書籍の購入等、学生生活の活性化のための取り組みも行っています。
 次に保護者の方への情報伝達としては、全国11会場に教職員が出張し、保護者が修学状況の確認や個別相談が出来る地区懇談会を毎年開催しています。この地区懇談会には例年1000名を超える保護者が参加され、「疑問点が解決した」「良い情報確認が取れた」等、良い評価をいただいています。また年6回発行している機関誌では、学生生活の様子、大学からのお知らせ、育星会ニュース等を掲載してキャンパスの様子をお伝えしています。
 このように学生の教育支援・保護者の方への情報伝達・大学の教育事業の振興・会員相互の親睦と、今年度も育星会ならではの活動を実施したいと思っております。また、会員の皆さまよりお預かりした会費は、予算の公正かつ適正な運用を執行させていただきます。育星会会員の皆さまには育星会の活動にご理解とご協力をお願い申し上げ、就任のご挨拶とさせていただきます。

                        平成30年度明星大学育星会会長  松本 主税