前のページに戻る

デザイン学科の学生が日本感性工学会春季大会で研究発表しました

【デザイン学部支援センター】

 2022年3月25日(金)〜26日(土)にオンライン開催された第17回日本感性工学会春季大会において、デザイン学科の学生(当時、2022年3月卒業)花輪美歩さんと森山咲希さん(指導教員:吉岡聖美教授)が卒業研究の取り組みに関する研究発表を行いました。

  • 幼児の片付けを促す要素と行動観察:花輪美歩
  • 若者における「推し」の意義と心理的効果:森山咲希

※研究発表の内容は、下記「関連資料」よりご覧いただけます。