前のページに戻る

機械工学系 「ロボカップアジアパシフィック2021あいち」に参加しました

【理工学部支援センター】

 2021年11月25日(木)からに開催された「ロボカップアジアパシフィック2021あいち」に、機械工学系 山崎 芳昭研究室の学生5名と指導教員が参加しました。山崎研究室では、地震災害等で倒壊家屋の瓦礫の下に残された被災者の発見補助やプラントなどの危険箇所でのバルブ開閉操作をする目的で、遠隔操縦型のレスキューロボットとロボットアームを研究開発しています。
 本大会では、「World Robot Summit 2020福島大会 災害対応標準性能評価チャレンジ」で奨励賞を受賞したレスキューロボットを改良し、明星大学チームは国内参加チームの中で総合4位の成績となりました。(全5チーム中)

ロボカップアジアパシフィック2021あいち

  • 主催者 ロボカップアジアパシフィック委員会
  • 開催場所 Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
  • 開催日時 2021年11月25日(木)から 28日(日)
  • 参加者 合計6名
    チームリーダー:博士前期課程1年生 徐 齊焄
    メンバー:学部4年生 北口 暁、学部3年生 田辺 遼一、中村 翔輝、庭野 雄生
    指導教員:山崎 芳昭

競技風景1

競技風景2

集合写真