前のページに戻る

人間社会学科熊本ゼミが取り組んだ「都民提案」で、2案が投票対象事業に採択されました

【広報チーム】

 人文学部人間社会学科 熊本ゼミ(熊本博之教授)では、東京都が実施する「都民による事業提案制度(都民提案)」を活用して4つの施策を立案、応募し、このうち2件が投票対象事業に採択されました。

 今年度の都民提案には477件の事業提案が寄せられ、そのうち13件が投票対象事業に選ばれました。

 投票は8月31日で締め切られ、今後東京都では11月中旬に投票結果を公表、また投票結果を踏まえ、2022年度予算案への反映を図るとしています。

投票対象事業となった2つの提案