前のページに戻る

機械工学専攻の大学院生が第13回日本複合材料会議(JCCM13)で研究発表しました

【理工学部支援センター】

 2022年3月7日(月)~9日(水)、Zoomにて開催された「第13回日本複合材料会議(JCCM13)」(公益社団法人 日本材料学会、社団法人 日本複合材料学会主催)で、機械工学専攻の大学院生4名が研究発表しました。

  • 脱オートクレーブ成形法によるCFRPハニカムコアの試作及び機械特性評価
    発表者:大野 真理菜(博士前期課程2年 小山 昌志研究室)
  • 二粒子径粒子が不燃性GFRPの破壊メカニズムヘ及ぼす影響
    発表者:菅井 美柚(博士前期課程1年 小山 昌志研究室)
  • 非線形ばね特性を有するCFRP製省スペースばねの開発
    発表者:草間 悠允(博士前期課程1年 宮本 岳史研究室)
  • 実験用 CFRP製トーションバーの設計パラメータの分析
    発表者:平山 翔大(博士前期課程1年 宮本 岳史研究室)