前のページに戻る

ウクライナの早期平和的解決の呼びかけ—学長メッセージ—

【明星大学】

ウクライナの早期平和的解決の呼びかけ—学長メッセージ—

 ウクライナの人々が現在おかれている状況を憂慮する人間のひとりとして、今回のロシアによるウクライナ侵攻について、対話と平和的な手段による一刻も早い事態の終結と解決を求めます。
 明星大学の所在する東京都日野市は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおいて、ウクライナ代表団のホストタウンに登録されました。そして、本学学生がデザインしたウクライナを応援するユニフォームやタオルの製作などを通じ、選手団を歓迎したことは記憶に新しいところです。
 私は、日本で大学教育に携わる者のひとりとして、ウクライナの将来ある学生たちが一刻も早く自分と祖国の未来を拓く勉学の場に無事に戻ることができるよう、強く願っています。

2022年3月15日
明星大学学長 落合一泰

Message from the President

March 15, 2022

Call for an early and peaceful resolution to the war in Ukraine

As one who is concerned about the present situation of the Ukrainian people, I call for an early end and resolution to the current Russian aggression against Ukraine through dialogue and peaceful means.

Hino City, Tokyo, where Meisei University is located, was registered as a host town for the Ukrainian delegation to the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games. It is still fresh in our memory that Meisei University welcomed the Ukrainian delegation by producing supporters’ uniforms and towels designed by our students.

As someone engaged in university education in Japan, I sincerely hope that prospective Ukrainian college and university students will return safely to their studies as soon as possible to pave the way for the future, for both themselves and their country.

Kazuyasu Ochiai
President, Meisei University
Hino, Tokyo, Japan