前のページに戻る

明星大学データサイエンス学環(仮称)を2023年4月に開設予定 ※設置構想中 -数理・統計・AIのチカラで「世界」を読み解く-

【明星大学】

 明星大学(東京都日野市)は、2023年4月に「データサイエンス学環」の開設を予定しています。この学環は従来の学部学科とは異なり、「学部等連係課程実施基本組織」の制度(※1)を活用します。学部の垣根を越えて、数理科学・統計学・情報学を基盤とするデータサイエンスの専門知識と実践的な技術に加え、実社会における活用方法を学ぶことで、社会のあらゆる分野で活躍する即戦力を育成します。なお、本計画は構想中で、名称やカリキュラム内容などは変更になる場合があります。

①データサイエンスに精通した即戦力を社会へ輩出

 データサイエンス学環では、単にデータに精通しているだけでなく、幅広い社会的課題を発見・解決できる力を身につけるために、「基幹科目」「応用科目」「研究実践科目」の3つの科目区分を設け、データサイエンスについて体系的に学びます。
 例えば「応用科目」は、データサイエンス学環と連係協力する情報学部、理工学部、経済学部の3学部それぞれの科目で構成されており、学生の興味・関心や卒業後の進路に応じて、データサイエンスの実際の活用現場や、対象となるデータ等について学びます。さらに、学んだ知識・技術を社会の多様な課題に対してどのように活用できるかを考え、実践する「研究実践科目」など、4年間の学びを通じて大量のデータを正しく扱い、新たな価値を創りだせる、分析力と応用力を身につけます。
 卒業後には、AIエンジニアや総合商社でのマーケティング担当、さらには経営コンサルタントなど社会のあらゆる分野での活躍が期待されます。

②明星大学が、高まるIT人材需要に応える

 少子高齢化をはじめ、エネルギー、環境、都市の過密と地方の過疎といった社会課題の解決には、IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などの情報の活用が必要不可欠とされています。一方で、経済産業省の調査(※2)によると、2030年にはIT人材が国内で約79万人も不足すると予想されるなど、デジタル改革を牽引する人材の確保が全国規模で求められています。
 明星大学は、この社会課題にいち早く対応できる人材養成に取り組むべく、データサイエンス学環を開設し、21世紀のデジタル社会が求める知識・技術を備えた人材を輩出します。

③都内初 学部の枠を越えた新しい学びのカタチ「学環」を実現

 明星大学はワンキャンパスに理系・人社系・融合系の9学部12学科を擁する総合大学です。データサイエンスを学びの中心に置き、情報学分野、理工学分野、経済学分野の学びを環状につなぐ、学部等連係課程実施基本組織の制度を東京都内の大学で初めて活用します。(※3)これによりデータサイエンスについてより深く、実践的に学ぶ仕組みを作ります。

データサイエンス学環の概要

【名称】データサイエンス学環
【学位】学士(データサイエンス) [英訳:Bachelor of Science in Data Science]
【入学定員】30名
【収容定員】120名
【取得資格】①統計検定 ②G検定(ジェネラリスト検定) ③基本情報技術者試験(FE) ④ITパスポート試験
【設置場所】〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1
【開設時期】2023年4月
 ※データサイエンス学環(仮称)は設置構想中であり、本リリースの内容は変更になる場合があります。

詳細情報

 データサイエンス学環の詳細は特設ページをご覧ください。

参考情報

※3 学部等連係課程実施基本組織の制度を導入(予定)している大学一覧(2021年12月現在)

大学名 学部名 開設時期
岐阜大学 社会システム経営学環 2021年4月
名古屋商科大学 経営管理課程 2022年4月(予定)
京都光華女子大学 人間健康学群 2022年4月(予定)

※上表は「設置届出状況(月別)|文部科学省ウェブサイト」を参考に、本学調べによるものです。
※参考「設置届出状況(月別)|文部科学省ウェブサイト」 より