前のページに戻る

教育学部 須藤康介准教授が第11回 社会調査協会賞で『社会と調査』賞を受賞しました

【広報チーム】

 教育学部教育学科 須藤康介准教授が第11回 社会調査協会賞で『社会と調査』賞を受賞しました。

 教育社会学、学校社会学を専門とする須藤准教授が2020年に『社会と調査』第25号で発表した論文「外国にルーツを持つ生徒の学力の実態分析-全国レベルの量的把握の試み」が評価されたものです。

 授賞式は2021年11月20日(土)に社会調査協会事務局においてオンライン形式で執り行われました。