前のページに戻る

教育学部の学生がオンライン国際学会ICoME2021で「Young Scholar Award」を受賞しました

【広報チーム】

 2021年8月18日から20日に行われたオンライン国際学会International Conference for Media in Education 2021(ICoME2021)で学生セッションにおいて、教育学部の学生(今野ゼミに所属)が「教育実践ゼミ」で学んでいる内容を英語で発表し 「Young Scholar Award」を受賞しました。この賞は、数十件の学生発表を各国の教育工学・メディア教育に関わる研究者が評価し、その総合点から判断されます。

タイトル:How to Enhance the Teaching of Students with Intellectual Disability in Regular Class: A Case Study Focusing on a Teachers’ Use of ICT in a Japanese Elementary School


【発表学生】髙田 基央、飯野 美波、小川 華彬、松浦 真穂(教育学科3年)

発表学生の集合写真

 この研究の目的は、小学校における知的な遅れのある児童の学習意欲を教師がICTを用いてどのように促進するかを明らかにすることでした。学生たちは自分たちの身近な出来事から、上記のような「問い」をもち、データを収集・分析し、その問いに対して考察しました。コロナ禍において学校現場でデータ収集ができないことから、オンラインで小学校現場の先生にインタビューをし、そのインタビューデータを学生同士が分析・考察してまとめていきました。単にデータから考察するだけでなく、何度もインタビューを繰り返し、妥当性や信頼性を高めながらより深い分析結果を導くことができました。

 このような研究活動を4月からの「教育実践ゼミ」で学んでいきました。ゼミでは、教員はスーパーバイザーとして学生の研究内容にアドバイスをしますが、基本的には学生が中心となって研究プロジェクトを遂行しました。

 なお、この国際学会は、個人のアバターを作成し、そのアバターがバーチャル空間(大会ホスト校の全南大学校:韓国)の会場で発表する形式でした。

仮想空間上の発表会場の様子

発表会場には4人のアバターが表示されました

仮想空間上で開催された授賞式の様子

仮想空間上で開催された授賞式の様子

学生のコメント

髙田 基央(教育学科 小学校教員コース)

 約5カ月にわたるICoMEへの取り組んだ感想は「やってよかった」です。この研究発表をとおして学んだことは、教育現場はまだまだ教師のICTへの知識が広まっていないということです。現場の状況と課題を整理できたことは自分にとって、とても意味あることでした。さらに、ICoMEのプロジェクトを通して、今後の生活でなんでも楽しむという気持ちを持って過ごす姿勢の大切さも学びました。研究にご協力いただいた小学校現場の先生にも感謝しております。また、こういう機会があれば挑戦してみたいなと思います。

飯野 美波(教育学科 教科専門(英語)コース )

 ICoME2021に参加して、一つの問いに対する答えを追求することの大変さと教育現場における現状・今後の課題を学びました。発表に至るまでの約5カ月間、先行研究やインタビューなど、今野先生のサポートを受けながら、がむしゃらに走ったように感じます。また、国際学会のため、英語が必須でした。日本語での表現のズレを踏まえ、どの英語表現が一番伝わりやすいかを考えながら、原稿やスライドを作る作業は大変でした。無事に、発表を終え、賞を頂いた時は努力が報われたと実感することができました。まさか、学生のうちに国際学会に出るとは思ってはいなかったので、仲間や今野先生と経験することができたこの夏を誇りに思います。

小川 華彬(教育学科 教科専門(国語)コース)

 研究内容を決めることに悩み、先行研究探しに悩み、インタビューする内容に悩み、発表原稿を作るのに悩み…とにかく頭を使うことが多くて、毎日のように話し合っては頭を抱えていました。やるって言うんじゃなかったと後悔したときも何度もあります。それでも何とか最後までやってこれたのは最後まで諦めない仲間がいたからだと思います。私がこれでいいかなと思っても皆がもう少しと頭を捻って考えて、納得出来る答えを導いている姿に刺激を受けて、頑張る力を貰えました。最後までやり抜けたことは私にとって大きな功績です。この仲間でICoME参加できてよかったです。

松浦 真穂(教育学科 小学校教員コース)

 ICoMEに参加して、自らの興味関心を追究することの楽しさを強く実感しました。スタートから発表当日まで、試行錯誤の連続でしたが、それでも最後には本番では伝えきれないほどの多くの発見がありました。それらを研究目的に沿って厳選していくことが特に難しかったです。海外の学生や教授らの研究発表からは、他国のICT活用事例や現在の教育事情など、自分との「当たり前」の違いを感じ、とても新鮮でした。そして、それぞれの強い信念や疑問などをとことん追究している姿にも刺激を受けました。今後もこの貴重な経験を忘れずに、自分の興味関心に気付き、それを大切にして学びを深めていきたいです。