前のページに戻る

化学専攻修了生の修士論文成果がBBRC誌に掲載されました

【理工学部支援センター】

 2016年度 化学専攻を修了した勝俣 光司さん(清水 光弘研究室)の修士論文をもとにした研究成果が、Biochemical and Biophysical Research Communications誌(Elsevier, IF 2.985)に掲載されました。
 DNAにおいて3つの連続した塩基の繰り返し配列(トリプレットリピート)は、ヒトをはじめとする真核生物のゲノムに多く散在しています。いくつかのリピート配列は、神経筋疾患遺伝病の原因となっています。本研究は、すべての種類のリピート配列のヌクレオソーム(注1)の形成を細胞内で解析し、その形成に及ぼす影響を明らかにしました。
 ページ下部の「関連リンク」より、本論文の概要をご覧いただけます。

 この研究は、島根大学・医学部、公益財団法人 がん研究会 がん研究所、東京大学・定量生命科学研究所、東京薬科大学との共同研究であり、科研費、明星大学重点支援研究費(2020)などの支援を受けております。

(注1)ヌクレオソーム:145-147塩基対の二重らせんDNAがヒストン8量体に約2回転巻き付いた複合体であり、ヒトをはじめとする真核生物ゲノムの染色体・クロマチンの基本構造単位。