前のページに戻る

多摩モノレール第7回五行歌作品[一般の部]において本学より3名が入賞

【学長室広報チーム】

 多摩都市モノレール株式会社が主催する「第7回五行歌作品募集~モノレールからことばの贈りもの~」の【一般の部】において、本学から応募した学生3名の作品が入賞しました。

 本件は、本学教育学部教育学科 忰田康之(かせだ やすゆき)特任教授が担当する授業科目「国語(書写を含む)」と「初等国語科教育法(書写を含む)」の中での取り組みとして、五行歌作品に応募したものです。

 応募総数3,596首の中から選定された受賞作品は「小・中学生の部」「一般の部」あわせて計60首。
 本学からは一般の部受賞24首のうち、銀賞1名、銅賞1名、多摩モノレール賞1名の計3名が受賞を果たしました。

 受賞作品は下記期間中に多摩モノレール駅構内にて展示される予定です。

 なお、【中学生以下の部】においては本学が審査協力を行っています。

展示概要

展示期間:2021年2月1日(月)~2月28日(日)

展示場所:多摩モノレール駅構内(改札内)
多摩センター駅、高幡不動駅、立川北駅、高松駅、砂川七番駅、玉川上水駅、桜街道駅

本学学生受賞作品

銀賞:教育学部教育学科(通信教育課程)特別支援教員コース 4年 菅原彩貴奈

岩手県、田舎の小さな駅
私は 十八歳
家族、友達、みんな総出で改札前
私は 愛されている
「行ってきます」

銅賞:教育学部 教育学科 音楽コース 2年 横内利沙

「先生!」って
初めて呼ばれた今日
キラキラしたいっぱいの瞳を
私は一生忘れない
未来への小さな第一歩

多摩モノレール賞:教育学部 教育学科(通信教育課程)小学校教員コース 3年 浦上光

貴方がいるところは
すべて「光」になる
そんな存在に
私もなりたい
「光」この名をもらったからには