前のページに戻る

ーデザインを学びたい社会人のためのオンライン公開講座ー『デザインスクール DESC 2020』を開催

【学長室広報チーム】

 明星大学デザイン学部では、デザインを企画と表現の掛け算と捉え、企画力やコミュニケーション力を高め、社会の様々な仕事で役立つデザインのエッセンスを体験できる公開講座「デザインスクール DESC 2020」(以下「DESC」)を2020年12月5日(土)から開催します。デザイン学部の教授が講師を務める本講座(全3回)では、初のオンラインで開催します。

公開講座「DESC」について 

 本講座では、「仕事にデザインの考え方や方法を取り入れたい」社会人に向けて、デザイン学部の専任教員が、分かりやすくデザインの本質や基本を伝えます。今回は、プロダクト、ファッション、映画、それぞれの分野で、どのようにデザインが生かされているのかについて考えます。

公開講座「DESC」ロゴ画像

主な参加対象者について

・自分の会社のビジネスにデザインを活かしたいと考えている経営者
・デザインの力で地域を良くしたいと考えている行政、団体の職員
・社会課題に取り組むNPOなどに所属しているデザインを活用したい人
・社会におけるデザインの役割についてあらためて考えたいデザイナー

開催概要

【日時とテーマ】
 ・〈第1回〉2020年12月5日(土)14時~16時 「未来志向から広がるプロダクト」
 ・〈第2回〉2020年12月12日(土)14時~16時 「コスチュームからはじまるファッション」
 ・〈第3回〉2020年12月19日(土)14時~16時 「映画の画面構成からみる映像表現の可能性」
【場所】Zoom会議システムでのオンライン開催
【定員】各回30人(申込先着順 ※参加者には別途ご連絡いたします。)
【参加費】無料
【主催】明星大学デザイン学部デザイン学科
【申込み】下記「関連リンク」内の申込みフォームからお申し込みください。
【問合せ】デザイン学部支援センター TEL:042-591-5230

講座内容と講師の紹介

〈第1回〉「未来志向から広がるプロダクト」

 持続可能な開発が世界的に課題になっている現在。これまでとは違うプロダクトのあり方が求められています。食、エネルギー、住む場所、暮らし方までを見据えて、製品やサービスをデザインするには、どうしたらいいのでしょうか。この講座では、社会の課題を見つめて、あるべき姿にしていくための未来志向を軸に、プロダクトデザインの可能性を考えます。

【講師】浅井 治彦 デザイン学部 教授

 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。株式会社GKインダストリアルデザイン研究所動態デザイン本部を経てフリーのプロダクトデザイナー。オートバイから無印良品まで様々なプロダクトデザインを手がけている。近年は「エコデザイン」の啓蒙と実践に注力。2001年より明星大学で教便をとる。iFエコロジーデザイン賞部門最高賞(独)、グッドデザイン賞(日)など受賞多数。JIDA環境委員会初代委員長。2003年からJIDAを冠して「エコデザイン展」を毎年開催している。
【共著】「エコデザイン」(東京大学出版会)

〈第2回〉「コスチュームからはじまるファッション」

 多様化する社会で、ブランディングの対象が広がっています。商品、サービスはもちろん、団体、施設、地域、イベントなどにブランディングを活用することで、必要な人に共感が広がっていきます。ブランディングの本質や事例を知り、それぞれの仕事に活かすための考え方や方法を基本から学ぶ時間です。

【講師】田中 久隆 デザイン学部 教授

 大阪芸術大学芸術学部工芸学科卒業。大学にて染織を専攻し、紅型染、友禅染の技法で着物などの制作も行う。卒業後、ファッションデザイナー森英恵に師事。テキスタイルデザインからバッグ、シューズ、アクセサリー、子供服、紳士服、婦人服などファッションに関わる全てのデザインに携わる。その後、フリーランスへ。音楽関係のコスチュームを中心に、カジュアルウエアからフォーマルウエアまで幅広いデザイン活動を行う。

〈第3回〉「映画の画面構成からみる映像表現の可能性」

 映像表現としての映画は、撮影技術や撮影機材などの発達を背景に、これまで数知れぬ人々を魅了してきました。この講座では、映画技法のひとつである画面構成に焦点をあてます。個々の画面において、どういう構図を採用し、フレーム全体を設計するかで、伝わり方は大きく変わってきます。動画の制作、活用が日常化している今日、映画の画面構成からあらためて映像表現の可能性を考えます。

【講師】奥村 賢 デザイン学部 教授

 早稲田大学大学院文学研究科芸術学(映画学専攻)後期課程満期退学。早稲田大学、日本大学、明治大学、武蔵野美術大学、東京工芸大学などで映像関係の授業を担当。2018年度から明星大学デザイン学部で教鞭を執る。編著書に『ドイツ・ニューシネマを読む』(フィルムアート社、1992)『世界映画大事典』(日本図書センター、2008)『映画と戦争—撮る欲望/見る欲望 』(森話社、2009)など。

企画・進行

萩原 修 デザイン学部 教授

 武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。大日本印刷株式会社を経て、リビングデザインセンターOZONEで約10年間、300以上のデザインの展覧会を担当。2004年に独立後は、中央線デザインネットワーク、国分寺さんち、国立五天、マルヒノなどデザインを活かした地域のプロジェクトを立ち上げ育てる。著書に「9坪の家」「オリジンズ」「デザインスタンス」「コドモのどうぐばこ」など。2005年から実家の後を継ぎ、『つくし文具店』店主でもある。2014年より株式会社シュウヘンカ共同代表。