前のページに戻る

理工学部 機械工学系の学生が「流れの夢コンテスト」で一樹賞を受賞しました

【理工学部支援センター】

 2020年11月12日(木)、コロナ禍のためにオンラインにて開催された日本機械学会・流体工学部門企画「第18回流れの夢コンテスト」に、「プロジェクトⅥ」の受講生(機械工学系 流体工学研究室3年生7名)が参加し「一樹賞」を受賞しました(全国から6作品がエントリー)。本学の「一樹賞」受賞は2年ぶり3回目です。

 日本機械学会(会員数約35,000人)流体工学部門では、流体工学の新しい展開のための技術者・研究者を目指す若い人々(学生など)を対象として「流れの夢コンテスト」を2001年より実施しており、今回で第18回目の開催です。
 流れに関する知恵を駆使して、テーマ「流れで遊ぼう」を達成するアイデアと技術力を競う全国大会コンテストで、製作された作品と実演を含めたプレゼンテーションで内容を審査されます。受講生は、LMSやZoom会議などでアイデアをまとめ、テーマにふさわしい作品を作成し、高く評価されました。

 なお、最も総合評価の高い作品を「最優秀賞」、ユニークな発想で見る人に感動を与えた作品を「一樹賞」、その次に総合評価の高い作品を「優秀賞」として表彰されます(各賞1作品ずつ)。

本学参加チーム

【チーム名:明星浮遊人】一樹賞受賞

  • 作品タイトル:宙を舞え、明星天女
  • 概要:明星大学に衣を失った天女がやってきた。コロナ禍において、お互い触れずにどう彼女を天に帰すのか?風の流れを操る明星浮遊人が様々な障害を乗り越え、1年をかけて天女を天へ帰す物語を紹介する。
  • 参加学生:福原 敦樹(リーダー)、齋藤 和寛、新井 暁貴、岩井 駿、宇治 太地、吉田 泰成、渡邊 淳史

オンライン授賞式

オンライン授賞式

明星大の施設を用いたオンライン実演直後の記念撮影

明星大の施設を用いたオンライン実演直後の記念撮影

舞う明星天女実演風景

舞う明星天女実演風景