前のページに戻る

理工学部 環境科学系で科学博物館のVRを使った専門的な見学実習をしました

【理工学部支援センター】

 環境科学系では初年次教育の一環として、体験学習を取り入れた1年生の前期必修科目「環境基礎ゼミ」を開講しています。
 本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年の講義と大きく異なる形式の講義を行いました。その一つとして、上野にある国立科学博物館のVR(おうちで体験!かはくVR)を使って3週にわたるオンラインでの見学および課題演習を行いました。
 1週目は国立科学博物館理工学研究部の若林文高部長による博物館の歴史や主に化学分野の展示の解説と館内案内、館内行動および各人への個別課題提示を行いました。2週目は館内行動と課題解決に向けた学習およびチュートリアル、3週目は各人の課題発表へと進みました。科学博物館常設のウェブサイトにある解説やデータベースも併用して理解を深め、各人が課題についてのプレゼンを行うことができました。
 このオンライン活動は新しい試みですが、大学での専門教育のための動機づけとしては有効と思われ、今後の発展を計画しています。

若林部長による科学博物館の説明

若林部長による科学博物館の説明

おうちで体験!かはくVRの一画面(1階フロア)

おうちで体験!かはくVRの一画面(1階フロア)

おうちで体験!かはくVRの一画面(地下三階フロア)

おうちで体験!かはくVRの一画面(地下三階フロア)

Zoomを利用した学生によるVR見学課題の発表の様子1

Zoomを利用した学生によるVR見学課題の発表の様子1

Zoomを利用した学生によるVR見学課題の発表の様子2

Zoomを利用した学生によるVR見学課題の発表の様子2

Zoomを利用した学生によるVR見学課題の発表の様子3

Zoomを利用した学生によるVR見学課題の発表の様子3