前のページに戻る

【受験生の方】新型コロナウイルス等感染拡大に伴う入学試験の対応について

【アドミッションセンター】

直接対面を伴う試験を実施する場合の受験上の注意事項について

 本学では、新型コロナウイルス等の感染拡大防止対策をした上で、入学試験を実施します。受験予定の方は、必ず以下の注意事項をご確認ください。

新型コロナウイルス等感染拡大防止の観点から、次のいずれかに該当する者は、他の受験者への感染の恐れ があるため、本学の入学試験を受験することができません。

(1) 学校保健安全法で出席停止が定められている感染症(新型コロナウイルス、インフルエンザ、はしか等)に罹患し治癒していない者、又は罹患している恐れのある者。
(2) 保健所から「濃厚接触者」として指定を受け、自宅待機を要請されている者。
(3) 試験前日までに発熱や咳などの風邪症状が続いている者。
 
 なお、上記理由により入学試験を欠席する受験者は、入学検定料の返金申請又は他の入学試験日への出願振替申請(総合型選抜Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期に限る)をすることができます。申請方法は下記「入学検定料返金又は他の入学試験への振替の申請方法」を参照してください。なお、追試験等の特別措置は予定していませんのでご了承ください。

入学試験前(試験日2 週間前~前日)

・不要不急の外出を自粛してください。
・マスクの着用、検温、手洗い・手指消毒、うがいの励行等、普段から感染予防と体調管理に努めてください。
・発熱、咳等の症状がある場合は、あらかじめ医療機関で受診をしてください。
・ご自宅で検温の上、発熱や体調不良のある場合は受験を控えてください。

入学試験当日

・試験当日は、感染予防のためマスクを着用してください。なお、本人確認のための写真照合の際には、試験監督者の指示に従いマスクを一時的に外していただく場合があります。
・試験会場入場時に検温を実施します。検温時に37.5度以上の発熱が認められた場合、入場をお断りします。
・試験会場入口、試験教室入口に消毒用アルコールを設置していますので、入館時、入室時に手指の消毒をお願いします。各自で用意した携帯用消毒用アルコールを使用することも差し支えありません。
・発熱や咳、鼻水等の症状が見られる受験者には受験のお断り、座席や試験室の移動等をお願いすることがありますので、その際は試験監督者又は係員の指示に従ってください。
・試験室は換気のため、適宜、扉や窓を開けます。上着を用意する等、室温の高低に対応できるよう服装にご注意ください。
・試験会場や試験室内における他者との接触、会話は極力控えてください。
・体調が悪くなった場合は、直ちにその旨を試験監督者又は係員に申し出てください。
・受験者の密集を防止するため、受験者同士の座席間隔を確保しています。また、受付時や移動時等においても受験者同士の間隔を確保しますのでご協力をお願いします。
・昼食は各自用意の上、自席にてとるようにしてください。
・試験監督者、係員もマスクを着用しますのでご了承ください。

入学検定料返金又は他の入学試験への振替の申請方法

 上記(1)~(3)の理由により入学試験を欠席する者は、入学試験前日までに以下へ連絡してください。

【連絡先】
 nyushi@gad.meisei-u.ac.jp(明星大学アドミッションセンター)
 
 メールの件名及び本文には必ず下記の内容を記載してください。
 〔件名〕出願した入学試験区分(例 総合型選抜Ⅰ期)と「入学検定料返金申請」又は「振替申請※」を入れてください。
     ※振替申請が可能な入学試験区分は、総合型選抜Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期に限る。
 〔本文〕
  ①受験番号
  ②氏名
  ③連絡先(電話番号)
  ④欠席理由

【受付日時】
 欠席する入学試験の前日まで
  月~金曜日 9時00分~ 17時00分
    土曜日 9時00分~ 15時00分
  (祝日・日曜日・大学所定の休日は受付けておりません。)
 
 注1)上記日時までに連絡することなく欠席した場合は、通常の欠席となり、入学検定料の返金又は他の入学試験への振替はできませんのでご注意ください。
 注2)申請受付後に本学よりメールにて詳しい申請方法をご案内します。

直接対面を伴う試験が実施できない場合の緊急避難的対応について

 本学の入学試験は、本学(日野キャンパス)あるいは指定の試験会場に来校・来場いただき、試験監督者や面接担当者と直接対面して受験いただく必要があります。しかしながら、以下の場合においては、試験日程を延期せざるを得ない可能性、あるいは直接対面を伴う試験を中止せざるを得ない可能性も見込まれます。その場合には本学公式サイトにて詳細をお知らせいたします。
 ●感染症拡大防止のための緊急事態宣言が解除されていない場合
 ●緊急事態宣言が解除されても受験生の安全が確保できる状況ではないと本学が判断した場合
 ●甚大な自然災害などの事態