前のページに戻る

建築学系学生のコメントが読売新聞に掲載されました

【学長室広報チーム】

 2020年6月30日の読売新聞にて、本学理工学部総合理工学科建築学系4年生 福島勇希さんのコメントが掲載されました。
記事では1級建築士のなり手が不足する中で建築士法が改正され、受験資格が緩和されたことについて述べられており、建築士法改正に対応したカリキュラムを打ち出した本学建築学部(2020年4月開設)が取材を受けたものです。