前のページに戻る

生命科学・化学系 香川 亘教授が携わった共同研究にて、組換え酵素Rad52が染色体異常を引き起こすことを発見~がん等の遺伝性疾患の治療薬開発に期待~

【学長室広報チーム】

 本学理工学部総合理工学科生命科学・化学系 香川 亘(かがわ わたる)教授が携わった共同研究にて、組換え酵素Rad52が反復配列を介した染色体異常を引き起こすことが明らかになりました。これにより、染色体異常により誘発されるガンなどの遺伝性疾患の治療薬の開発が期待されます。

 研究は日本学術振興会科学研究費補助金の基盤研究の一環として行われ、大阪大学大学院理学研究科の中川拓郎准教授らの研究グループを中心に、東京工業大学科学技術創成研究院 岩崎博史教授、情報・システム研究機構国立遺伝学研究所 仁木宏典教授、明星大学理工学部 香川亘教授が共同して取り組んだものです。

研究報告の詳細は下記「関連リンク」よりご覧ください。