前のページに戻る

2020年4月28日
明星大学学長 落合 一泰

 明星大学は、総額5億円の「新型コロナウイルス感染拡大の影響による経済的支援措置」を行うことを決定しました。
 本年度、明星大学は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため授業開始時期を繰り下げた上で、オンラインでの教育活動を開始しました。一方で、学費支弁者の収入の減少等のため、学生の修学継続が困難になる状況が発生しているのも事実です。そのような事態を回避する一助として、明星大学は以下の施策を講じることとします。

1. オンライン授業等学修環境整備に関する奨学金

 本学では、当面のあいだ、オンライン授業等の遠隔教育活動を継続します。ついては、オンライン受講の環境整備に向け、学生の経費負担を軽減することを目的として、通学課程の在学生全員に対し、一律3万円を給付します。
 申請方法や給付方法についてはあらためて学生に案内します。

2. 新型コロナウイルスの影響に伴う修学支援緊急奨学金

 今般の新型コロナウイルス感染拡大の影響は、当面続くと考えられます。そのため、前述の「オンライン授業等環境整備に関する奨学金」とは別に、「新型コロナウイルスの影響に伴う修学支援緊急奨学金」の創設を検討しています。
 本奨学金の対象者、申請方法、給付時期等につきましては、決定しだい学生に案内します。

 
 前述の他、学生には国の奨学金(高等教育修学支援制度や日本学生支援機構奨学金)の広報を行っており、今後、本学独自の既存の奨学金、明星大学同窓会奨学金等についても一層の周知を図る予定です。

 
 『【学び続ける力】と【協働する知性】を兼備した次世代育成を目指す明星大学』は、学生の安全を守り、その学修を応援する施策を講じていきます。