前のページに戻る

高等教育の修学支援新制度 在学予約申込者 学業成績審査結果及び提出書類等案内

最終更新時期:2020年03月

【学生サポートセンター】

※このお知らせは2019年11月頃に日本学生支援機構の給付奨学金及び授業料等減免(高等教育の修学支援新制度)に出願(在学予約申込み)された方へのご案内です。
 2020年3月18日(水)に在学予約申込みをした方に、標題の件で個別のお知らせを配信いたします。対象者は早急に「勉天」の「あなた宛てのお知らせ」をご確認ください。
 1月下旬より「勉天」や公式サイトでお知らせして参りましたが、学業成績によっては書類等(学修計画書等)の提出が必要となり、提出期間が1週間程度と短いため、書類提出の対象者となった場合はご注意ください。

個別に配信するお知らせの概要(予定)

2019年度末までの成績によって、5種類のお知らせを配信します。

  1. 学業成績の基準が廃止の区分に該当せず、累積GPAが上位1/2の方
    • 現時点で必要な手続きはありません。次の手続きは4月下旬です。
  2. 学業成績の基準が廃止の区分に該当しないが、累積GPAが上位1/2を満たさない方
    • 直ちに「勉天」→「マイステップ」より学修計画書を作成し、提出してください。学修計画書で学修の意欲等が認められる場合は成績基準を満たします。(提出期限:2020年3月25日16時)
  3. 学業成績の基準が廃止の区分に該当しないが、累積GPAが上位1/2を満たさず、標準修得単位数も満たさない方
    • 残念ながら受給資格なしとなります。ただし、やむを得ない事由がある場合は事情書・根拠書類・学修計画書を提出してください。もしやむを得ない事由が認められた場合は、成績基準を満たす可能性があります。(提出期限:2020年3月25日16時)
  4. 学業成績の基準が廃止の区分に該当し、累積GPAが上位1/2を満たさない方
    • 残念ながら受給資格なしとなります。ただし、やむを得ない事由がある場合は事情書・根拠書類・学修計画書を提出してください。もしやむを得ない事由が認められた場合は、成績基準を満たす可能性があります。(提出期限:2020年3月25日16時)
  5. 学業成績の基準が廃止の区分に該当し、累積GPAが上位1/2を満たす方
    • 残念ながら受給資格なしとなります。ただし、やむを得ない事由がある場合は事情書・根拠書類を提出してください。もしやむを得ない事由が認められた場合は、成績基準を満たす可能性があります。(提出期限:2020年3月25日16時)

備考

  • 本制度に出願(在学予約申込み)をしたにも関わらず2020年3月18日に個別のお知らせが届かなかった方は、早急に学生サポートセンターまでご連絡ください。
  • 個別のお知らせは2020年3月18日時点の成績に基づきお知らせします。その後成績変更があった場合は、早急に、学生サポートセンターまでご連絡ください。
  • 添付資料の1つに学修計画書の様式がありますが、実際の提出方法は紙ではなく「勉天」のマイステップです。
  • 学修計画書等の提出が必要な方で、提出がない場合、成績基準を満たしていることを確認できないため「不採用」となりますのでご注意ください。
  • 日本学生支援機構が定めた推薦期限の関係により、書類の提出期間が1週間程度と短くなっております。ご協力のほど、お願いいたします。