スマホ向け表示

前ページへ戻る

アドミッションポリシー

明星大学は、本学の教育目標である「自己実現を目指し社会貢献ができる人の育成」を理解するとともに、各学部の教育研究上の目的を理解し、向上心を持って主体的に学ぶ人を受け入れます。

理工学部

  1. 理工学を学ぶ上で必要となる数学及び理科の基礎学力を有している人。
  2. 授業における討論や実験・実習に、自ら積極的に関わろうとする人。
  3. チャレンジ精神を持ち、課題解決のための地道な努力を続けることができる人。
  4. 他人の身になって考え、人と協調的な関係を築こうとする意志がある人。
  5. 自らが修得した専門知識・技術を活かし、人や社会に貢献したいという意欲がある人。
  6. 社会の出来事から問題・課題を見つけ、情報収集し、自分の言葉でまとめることができる人。

総合理工学科 物理学系

高等学校で履修すべき科目

  1. 数学(数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ・数学B)
  2.   ※数学Ⅲも履修していることが望ましい。

  3. 物理基礎、物理

総合理工学科 生命科学・化学系

高等学校で履修すべき科目

  1. 数学(数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ・数学B)
  2.   ※数学Ⅲも履修していることが望ましい。

  3. 化学基礎、化学、又は生物基礎、生物

総合理工学科 機械工学系

高等学校で履修すべき科目

  1. 数学(数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ・数学B)
  2.   ※数学Ⅲも履修していることが望ましい。

  3. 物理基礎、物理

総合理工学科 電気電子工学系

高等学校で履修すべき科目

  1. 数学(数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ・数学B)
  2.   ※数学Ⅲも履修していることが望ましい。

  3. 物理基礎、物理

総合理工学科 建築学系

高等学校で履修すべき科目

  1. 数学(数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ・数学B)
  2.   ※数学Ⅲも履修していることが望ましい。

  3. 物理基礎、物理

総合理工学科 環境科学系

高等学校で履修すべき科目

  1. 数学(数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ・数学B)
  2.   ※数学Ⅲも履修していることが望ましい。

  3. 化学基礎、化学、又は生物基礎、生物、又は物理基礎、物理

このページの先頭へ戻る

人文学部

  1. 大学での修学に必要な基礎学力や基本的な社会知識を有している人。
    • ・国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語について高等学校卒業相当の知識を有し、「人」との関わりの大切さを理解している人。
  2. それぞれの学科のカリキュラムで学ぶことができる基本的内容を理解している人。
    • ・各学科の人材養成の目的を理解し、各学科のカリキュラムと自らの将来像とを関連させて理解できる人。
  3. 豊かな感性を持ち、物事を多面的かつ論理的にとらえ考察できる人。
  4. 幅広い視野を持ち、冷静な判断ができる人。
  5. 多様な考え方や分野領域に関心を持ち、自律的に学ぶことができる人。
  6. 積極的に他者と関わり、対話を通して相互理解を深める努力ができる人。
  7. 学んだ専門知識や技術を「人」や「社会」で活かすための努力ができる人。
  8. 自己の考えを的確に表現し、わかりやすく他者に伝えることができる人。

国際コミュニケーション学科

  1. 社会で使える基礎的なコミュニケーション能力を持っている人。
  2. 学科の教育理念および人材育成の方針に適合した将来像を持っている人。
  3. 留学やグループワークなどの体験学習を通して、社会的な実践力を伸ばせる人。
  4. 自分の考えや行動に責任を持ち、しっかり自己管理ができる人。

高等学校で履修していることが望ましい科目

  1. 国語総合(レポート作成など、基礎的な国語能力が必要とされるため)
  2. コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ、又は中国語(フィールドワーク、留学などの体験授業において基礎的な語学力が必要とされるため)

その他(取得が望ましい資格等)

  1. TOEIC®(500点以上)
  2. 実用英語技能検定(2級以上)

このページの先頭へ戻る

人間社会学科

  1. 現実の社会的な問題に関心をもつ人。
  2. 自分の考えをもちたいと考えている人。
  3. 自分の考えを他者に伝えることに関心をもつ人。
  4. 他者と協働して問題に取り組みたいと考えている人。
  5. 多様な他者に関心をもつ人。
  6. 物事について論理的に考えようとする人。
  7. 社会調査の方法に関心をもつ人。
  8. 社会的事象を分析してみたいと考える人。
  9. 人生について真摯に考えようとする人。

高等学校で履修していることが望ましい科目

  1. 日本史B・世界史B
  2. 現代社会
  3. 政治・経済
  4. 数学Ⅰ・数学A

社会学的なものの見方、考え方を獲得するためには、現代社会の現実的動向及び歴史的展開に関する理解が不可欠であり、高等学校の学習において「日本史B・世界史B」「現代社会」「政治・経済」に関わる基礎的理解があることが望ましい。又、社会調査の方法を身につけるために、その基礎的学力として「数学Ⅰ・数学A」の理解が求められる。

このページの先頭へ戻る

日本文化学科

  1. 日本の言語や文学、歴史、芸術についての基本的な知識を有している人。
  2. ものごとを多面的かつ論理的に考察することができる人。
  3. 国内外を問わず、文学や言語、芸術等の様々な社会的文化現象に興味がある人。
  4. 積極的に他者と関わり、対話を通して相互理解に努めようとする態度を有している人。
  5. 自分の考えを的確に表現し、伝えることができる人。

高等学校で履修していることが望ましい科目

  1. 国語:国語総合。加えて古典A又は古典Bを履修していることが望ましい。(現代文・古典の双方を含む基本的文献の読解、及びレポート・論文などの執筆の基礎となります。)
  2. 地理歴史:日本史A・日本史B、世界史A・世界史Bの中から2科目以上履修していること。(日本の伝統文化や諸外国の文化を理解するための基礎知識が身につきます。)
  3. 英語:コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ(日本以外の文化に触れて広い視野を養うと同時に、英語で書かれた日本文化論や日本論などの資料を読むのに役立ちます。)

このページの先頭へ戻る

福祉実践学科

  1. コミュニケーション能力を有し、グループで協働する能力を持つ人。
  2. 社会的問題を考察し、それを口頭及び文章で表現することができる人。
  3. 大学での修学に必要な基礎学力や社会常識を有している人。
  4. 情報検索、生活技術の能力を伸ばせる人。

高等学校で履修していることが望ましい科目

  1. 国語表現又は現代文B:社会福祉士・精神保健福祉士受験資格等、福祉の現場で実習を行う際の記録を書くための基礎となります。又、卒業論文を執筆するにあたり、専門書等の読解力、表現力が必要となります。
  2. 公民、地理歴史(世界史A又は世界史B、日本史A又は日本史B):社会の仕組みを知り、幅広い世代・国・(特に、生活問題を持っている)人々と関わっていくための基礎的な知識です。

その他(取得が望ましい資格等)

漢字検定など、国語力に関するもの

経済学部

経済学科

  1. 高等学校の主要教科について基礎的な知識を身に付けている人。
  2. 問題を解決するための方法を自ら考えることができる人。
  3. 経済社会の諸問題に関心を持っている人。
  4. 勉学に励む意志を有している人。
  5. 知識と情報を整理・検討し、それらを適切に文章にまとめることができる人。

高等学校で履修していることが望ましい科目

  1. 国語総合又は国語表現(自分の考えを的確に文章で表現するために必要です。)
  2. 英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ(英語を必修科目としています。教養としても必要です。)
  3. 数学Ⅰ又は数学A(論理的な思考力を身につけるために必要です。)

その他

以下の知識・能力を求めます。

  1. 大学での授業に対応できる基礎的な知識・能力・基礎的語学力
  2. 探求心を持ち、自己表現を正確にできる日本語力・コミュニケーション力

このページの先頭へ戻る

情報学部

情報学科

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力としての国語、数学、外国語などについて、高等学校卒業相当の知識を有している人。
  2. コンピュータに関わる専門家・技術者を目指し、「積極的」かつ「自発的」な学習研究意欲のある人。
  3. 課題や問題の解決に向けて「論理的思考」と「柔軟な思考」ができる人。
  4. 自分の考えを表現して他者と適切にコミュニケーションをとり、協調しながら主体的に問題に取り組むことができる人。
  5. 自然科学、社会科学、人文科学等にかかわる諸問題に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献しようとする人。

高等学校で履修すべき科目

数学Ⅰ。加えて数学Ⅱまたは数学A(論理的な思考力を身につけ、プログラミングや工学系科目の基礎として必要です。)

このページの先頭へ戻る

教育学部

教育学科

  1. 学校教育または保育・幼児教育を学習する基礎的学力や理解能力を有している人。
  2. 教育や関連する領域において適切に思考・判断する基礎的な資質・能力を有している人。
  3. 保育や教育に関心をもち、その分野の仕事をしたいという意欲を有している人。
  4. 多様な人々と適切にコミュニケーションをとることができ、真摯に学習する態度を有している人。
  5. 教育活動をするうえで必要な技能・表現についての基礎的な資質・能力を有している人。

このページの先頭へ戻る

経営学部

経営学科

  1. 地域の活性化や地域住民の生活満足の向上に意欲のある人。(多摩ブランド創生コース)
  2. 観光をはじめ、ホスピタリティ、ブライダルビジネスなどサービス業に興味、関心のある人。(観光・ブライダルコース)
  3. 起業や新規事業の立ち上げ、企業の事業承継について必要な知識を学ぶ意欲のある人。(事業承継・起業コース)
  4. 会計や財務の知識を身につけて金融機関や会計のプロフェッショナルを目指す意欲のある人。(金融・会計プロフェッションコース)
  5. 経営学の学習と実践を通じて実務家としての基本能力を高め、民間企業および官公庁の即戦力として活躍できる人材を目指す意欲のある人。(高度実務人材育成コース)

高等学校で履修していることが望ましい科目

  1. 国語総合、国語表現(専門書などの文献の読解力、論文・レポートなどを執筆するための表現力の基礎として必要となります。)
  2. コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ(海外の雑誌や文献資料を読解するための基礎として必要となります。)
  3. 数学Ⅰ・数学A(損益計算や経営会計に関する計算の基礎として必要となります。)

このページの先頭へ戻る

デザイン学部

デザイン学科

  1. 企画や表現をしていく上で必要な、基礎学力を有している人。
  2. 生活や社会について興味・関心が強く、積極的に関わりたいと思っている人。
  3. 少し位の困難があっても、粘り強く努力することができる人。
  4. 分からないことをそのままにせず、自分で調べてみることが好きな人。
  5. 新しいアイデアを考えることが好きな人。
  6. ものごとを筋道立てて考えることが好きな人。
  7. 資料や図、模型などを作るのが好きな人。
  8. 自分の考えを言葉や文章で表現することが好きな人。
  9. 人と接するのが好きで、相手の話を注意深く聞くことができる人。

高等学校で履修していることが望ましい科目

  1. 国語総合又は国語表現(理解力と思考能力を身につけ、自分の考えを的確に文章で表現するために必要です。)
  2. コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ(デザイン学科で必須科目としています。教養としても思考の幅を広げるためにも必要です。)
  3. 地歴・公民のいずれかの科目(世の中のことについて関心を持つことが、デザインのはじまりです。)

このページの先頭へ戻る

心理学部

心理学科

  1. 国語、英語、数学の基礎学力を備えている人。
  2. 「私」や自己の内面としての「心」にだけでなく、人間同士や人間と環境との関わりとしての「心」にも眼を向けられる、幅広い視野を持つ人。
  3. 心理学の専門科目の授業に、常に真剣に取り組める人。
  4. 心理学の特定の一領域にだけでなく、多様な領域や考え方に関心を持って幅広く学びたいと考える人。
  5. 友人や教員と協調して、自ら目標を定め計画的に学びを深めて行ける人。
  6. 「文系」や「理系」の枠にとらわれず、実験、検査、調査、統計処理、外国語文献読解など、人間を理解するための様々なスキル修得に意欲的に取り組める人。

高等学校で履修していることが望ましい科目

  1. 国語総合(研究を行うための専門書等の文献の読解力、論文を執筆するための表現力などの基礎になります。)
  2. コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ(海外の研究等を参照するために必要になります。)
  3. 数学Ⅰあるいは数学A(調査・実験等のデータ処理を行うための基礎になります。)

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る