前のページに戻る

【理工学部・理工学研究科】生命科学・化学系と化学専攻の学生が「日本分子生物学会」で研究発表しました

【理工学部支援室】

 2019年12月3日(水)から2019年12月6日(金)まで、福岡国際会議場・福岡パレスホテル・マリンメッセ福岡パシフィコにて開催された「第42回日本分子生物学会年会」において、理工学部 総合理工学科 生命科学・化学系と理工学研究科 化学専攻の構造生命科学(香川 亘)研究室、分子生物化学(清水 光弘)研究室、分子細胞生物学(須賀 則之)研究室に所属する、学部4年生1名と大学院生7名がポスター発表しました。

総合理工学科 生命科学・化学系

タイトル:RAD52が触媒するD-loop形成反応の生化学的解析
発表者:鴨井 一輝(4年生 香川 亘研究室)

理工学研究科 化学専攻

タイトル:ヒトRAD52のクライオ電子顕微鏡構造
発表者:荻野 駿(博士前期課程1年 香川 亘研究室)

タイトル:ヒトAlu DNA配列を含む364 bp DNAは、試験管内の再構成系により2量体ヌクレオソームを形成する
発表者:沖住 香織(博士前期課程1年生 須賀 則之研究室)

タイトル:アフリカツメガエルのリンカーヒストンH1A Δ2-21の異種発現による出芽酵母の増殖障害に関与するドメインの同定
発表者:柴 広大(博士前期課程1年生 須賀 則之研究室)

タイトル:出芽酵母RPS5、RPS11B座におけるHMGBホモログHmo1のDNA結合部位の解析
発表者:高附 宏暢(博士前期課程1年 清水 光弘研究室)

タイトル:出芽酵母に異種発現したアフリカツメガエルのリンカーヒストンH1Aの細胞内局在
発表者:工藤 拓也(博士前期課程2年生 須賀 則之研究室)

タイトル:RAD52が触媒するDNA・RNA間の鎖交換活性の生化学的解析
発表者:土屋 怜平(博士前期課程2年 香川 亘研究室)

タイトル:出芽酵母は異種タンパク質を認識し、その発現プラスミドを排除する
発表者:飛永 汐里(博士前期課程2年 須賀 則之研究室)