前のページに戻る

【デザイン学部】「青梅マラソン」公式タオルをデザイン学部学生がデザインしました

【デザイン学部支援室】

 2019年2月17日(日)に開催された「第53回青梅マラソン大会」の公式タオルを明星大学デザイン学部学生がデザインし、青梅市にある老舗タオルメーカー「ホットマン」が製造、大会当日に配布、販売されました。
 このタオルをデザインしたのは、デザイン学部の佐々木綾音さん(大会用タオル・配布用)と坂本舞さん(マラソンタオル・販売用)です。

佐々木綾音さん (デザイン学部1年生)

ボランティアスタッフらに配布する大会タオル「FEEL BLUE」をデザイン

 選手や大会を支える人々と「青梅ブルー」を、白と青の二つの道としてクロスさせた。
 「青梅マラソンを通して、青梅ブルーを感じてほしいという思いを表現した。首にかけた時など、大会ロゴと青梅ブルーのロゴが並ぶようにすることで、選手が青梅ブルーを見ながら走っている様子を表すことができます。」

坂本舞さん (デザイン学部2年生)

販売用タオル「色とりどりな青梅」をデザイン

 ピンク×グリーンの反対色を使った鮮やかな色合いが特徴。
「花で青梅のまちが色とりどりに染まる様子と、青梅マラソンでの人々の活気を表現した。自分のデザインが形になってうれしい。多くの方に手にとっていただきたいです。」

新聞掲載

「西多摩新聞」 2019年2月8日(金)の紙面に掲載されました。