スマホ向け表示

前ページへ戻る

入学について

Q1. 在学期間はどのように扱われますか。

入学許可された日にかかわらず、4月生は4月1日付入学、10月生は10月1日付入学となります。在学期間の終わりに関しては、卒業生であれば卒業年月日、正科・課程履修生や、正科生で退学手続きをとった場合は基本的に退学の届け出が受け付けられた月に「退学」となります。
※本学が指定する学籍更新期間内に退学手続きをした場合は、原則として在籍許可が出ている年度末(4月生は3月31日、10月生は9月30日付)での退学となります。
※科目等履修生は「入学」の代わりに「許可」となります。在学期間については、「在籍期間」という扱いとなり、籍が終わる時には「終了」という扱いになります。

Q2. 入学試験はありますか。

教科専門(理科)コースで実験科目の単位修得を必要とする者については、小論文および面接などによる入学試験を行ないますが、その他のコースは書類選考のみで入学試験はありません。
ただし、「G 人物に関する調査書」が用意できない場合は、本学にて面接試問(小論文試験を含む)の受験が必要になります。

Q3. 学習はすぐに開始できますか。

通常、入学が許可された場合、出願から約1ヶ月程度で教材をお届けします。そのため、出願が早い方から学習を開始する事が可能です。

Q4. 現在、他大学に在学中ですが、入学は認められますか。

次の事項の該当者は本学通信教育部へ正規の学生(正科生、正科・課程履修生)として入学することができません。
万一、入学後に二重学籍が発覚した場合は、退学処分となり、修得した単位は無効となります。
【1】 学校教育法に定める短期大学・大学・大学院に正規の学生として在学、休学中の方
【2】 学校教育法に定める専修学校専門課程(専門学校)に在学、休学中の方
【3】 文部科学大臣の指定する教員養成機関などに在籍中の方
【4】 本学(通学課程および通信教育課程)に在学中の方
※ 他の短期大学・大学・大学院に正規の学生で在学中の方が、本学通信教育部の科目等履修生、認定通信生として入学することは可能です。なお、在学中の大学などの学則に抵触するかは必ず確認をしてください。

Q5. 現在、各種学校に通っていますが、入学は認められるでしょうか。

各種学校(専修学校専門課程を除く)の場合は二重学籍に該当しませんので、入学は許可されます
(2017(平成29)年4月1日現在満18歳以上の大学入学資格のある者に限ります)。

Q6. 短期大学を卒業していますが、学士の学位を取得(大学卒業)したいと考えています。 卒業までに何年かかりますか。また、短期大学で修得した単位はどの程度認定されますか。

短期大学を卒業していれば正科生3年次編入学となり、卒業までの所要年数は2年間です。
短期大学で修得した単位は、出身学科の専攻内容を問わずに一括50単位を上限として単位認定します。
ただし、卒業要件単位と教員免許状取得に必要な単位数が異なり、卒業要件単位124単位(認定単位を含む)より多く単位を修得しなければならない場合もあります。
なお、教員免許状取得コースの入学希望者で短期大学にて、幼稚園・小学校・中学校の2種免許状を取得している場合は免許法上、一部の単位を認定できる可能性があります。具体的には各自の履修していた単位によって異なります。出願前に認定単位数の確認をしたい場合は、「学力に関する証明書」を添え事務局入学担当まで書面にて問い合わせてください。

Q7. 海外の大学・海外の短期大学を退学しているのですが編入学できますか。

編入学はできません。正科生1年次入学となります。ただし、海外の大学・海外の短期大学を卒業している場合は正科生3年次編入学が可能となる場合があります。事前に事務局入学担当まで問い合わせてください。

このページの先頭へ戻る