スマホ向け表示

前ページへ戻る

現職教員の方へ

x.img_set.alt

このたび中央教育審議会答申「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について」(平成27年12月21日)で以下について提言されました。
●教員の教職経験を考慮した免許状併有の促進
●特別支援学校教諭等免許状の所持率向上

本学通信教育部ではこれらの答申に対して、
①豊富な免許種により多様な需要への対応
②「免許法認定通信教育」を利用した所要単位数の軽減化
③遠隔地でも受講可能な学修環境の最適化

により実現します。

①豊富な免許種により多様な需要への対応

本学通信教育部では、科目等履修生として以下の5校種の教員免許状が取得できます。特に中学校は6教科、高等学校は7教科と豊富な免許種に対応しています。
※「音楽」の科目等履修生での募集はありません。

x.img_set.alt

②「免許法認定通信教育」を利用した所要単位数の軽減化

例えば、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の教員として勤務経験が3年以上ある方が「特別支援学校」の教員免許状を取得する場合・・・

x.img_set.alt

③遠隔地でも受講可能な学修環境の最適化

例えば「数学」や「英語」の教員免許状を取得する場合、スクーリングが課されることが多く、遠方だとなかなか時間的な制約があって取り組みにくいものです。そこで自宅学習である「レポート+試験」の科目を増やすことでスクーリングの回数を減らし、働きながらでも単位を取りやすくしました!

x.img_set.alt

このページの先頭へ戻る